Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

期間限定~英検1級読解レッスン~ 

オンラインでの英語指導を始めて気が付けばもう2年になります。英会話スクールでの仕事を辞めたのもちょうど2年前の今頃でした。色んな意味で2周年です。ご縁があってレッスンさせて頂くようになり、その後、目標達成されてご卒業された方もいれば今も継続して指導させて頂いている方、新しくスタートされた方、色々です。英語を使うお仕事に就かれて頑張っていらっしゃったり念願の英検準1級に合格されたり、フランスでのワーホリ...
Read More

IKEBANA: Flower Arrangement 3 

ようやくIKEBANAの話の続きです。前回の前振りで、千利休の有名な逸話について書きました。白洲氏の文章を抜粋します。「有名な利休の逸話に、秀吉に所望されて、庭一面に咲いたみごとな朝顔で茶会を催すことになった時、利休はその朝顔を全部切ってしまい、たった一輪だけほの暗い茶室の床の間に生けたという。これが茶道の神髄であり、花を生かすことの意味である。」(「日本を知る105章」より、第2章『生け花』白洲正子)以前...
Read More

マイナスをプラスに変える 

最近IKEBANA記事が続いたので今日はちょっと違う話題。本当はIKEBANAの英訳、まだ続きがあるんですが、書くのに時間がかかるのでまた次回に!で、今日は日本語で読んだ本の話。いつも洋書のことしか書いてませんが、和書も読んでいるんです!と言って、まずは翻訳書なのですが、随分前に紹介したケリー・マクゴニガルさんの『自分を変える教室』。今回読んだのは、この後に出版された『ストレスを力に変える教科書』。数か月ほど前...
Read More

IKEBANA: Flower Arrangement 2 

前回の『生け花』の記事の続きです。白洲正子氏は、牡丹の花について詠まれた短歌を紹介し、この世とあの世の間に浮かぶ牡丹の花に「永遠の生命を託した静かな喜びが感じられる」と述べた後、さらにこのように続けます。「もともと花とはそのようなものである。これは切り花ではなく、鉢植えだったかも知れないが、どちらにしても1日かぎりのはかない命であるから、咲き定まって器に入れたその瞬間が「花」なのだ。では、自然のま...
Read More

IKEBANA: Flower Arrangement 

せっかく時間のたっぷりある時期、いつもと違う英語学習をしたいなぁと随分以前に買った本を本棚からひっぱり出してきて読み始めました。105のキーワードから日本について語る。元々は日本語で書かれたものに、英訳が添えられています。どう英語に訳されているのか、非常に興味深い。正直どれもかなり訳しにくいものばかりです。初心者向けの「日本文化紹介」というよりも、本格的な「日本文化論」と言ってもいいのではないかと。...
Read More

読書月間スタート 

夏休みがスタートしてさっそく1冊読み終えました、と言っても、先月から読んでいる本なので、1か月位かけて読み終えたんですけど。相変わらず読書スピードが遅いです。毎日ちょっとずつしか読まないのがいけないんですけどね。で、昨日今日と時間がたっぷりあったので、一気に読み終えました。面白かったです!読んだのはこちらの本。私はとても気に入りました。登場人物が魅力的だしウィットに富んでいて読んでいて楽しい。最後の...
Read More