Welcome to my blog

洋書あれこれ

  23, 2017 15:41
ようやく読み終わりました。



夏から読んでいたので、3か月位かけてたのかな?
さくさく読めるような本ではないので、仕方ないか。
読みながら結構頭をつかいます。ん?どういうこと?みたいに思うこともしばしば。
それでも色々と気付かされることもあり、折に触れて読み返してみたい本です。

人生の中ではgood things もbad thingsもどっちも起きるけれど、
良いとか悪いとかの判断はmindが下しているわけです。
しかし、goodと判断することが本当に良いのか、badと判断することが本当に悪いのか
長い目で見てみた時に必ずしもそうではないこともあるわけです。
例えば病気になることは悪い事の部類に入りますが、
無理して頑張っている時に病気になるのは「休め」のサインだったりする。
だとしたら、それをbad thingとは言い切れないですよね。

「病気にはなっても病人にはなるな」なんて言いますが、
病気=悪い事と考えて、そこから「自分はもうだめ」「私って不幸」というネガティブ思考に陥ったら
そういう自分の思考mindによって自分の人生を決定づけてしまうことになるわけです。
この本では、人生の中で起きる出来事は、それ自体はあなたのlifeではなくlife situationでしかないと言います。
そう考えて、今自分の身に起きていることを受け止めていけば
ちょっと楽に生きれるようになるんじゃないかなという気がしますね。

あ、だから邦題がこんなタイトルになってるのか!



さて、ようやくこの本を読み終えられたので、次の本に取り掛かり始めました。



刑務所内のBook Club(読書会)の運営に携わったジャーナリストの女性が、その様子を書き綴ったもの。
実は彼女、その数年前に路上強盗にあったことがずっとトラウマになっていて
友人からこのBook Clubの手伝いを頼まれた時、非常に迷ったのだと。
しかし、受刑者たちが、本を読んで一体どんなことを思いどんな事を言うのだろうか
そんな好奇心もあって、思い切って参加を決心するのでした。

まだ読み始めたばかりですが、どんな議論が繰り広げられていき
どんな風に受刑者たちが、本を読むことで、そしてBook Clubで語り合うことで変わっていくのか
これからとても楽しみです。

最近忙しくてBook Clubにあまり参加できてないんですが
私もまたBook Clubに行きたくなりそうです!

あ、それから、これはオンラインレッスンの生徒さんから頼まれていた本の紹介。
語彙学習にと買った本ですが、音読に使おうかと話している教材です。
詳しくはまた書けたらと思いますが、取り敢えずリンクだけ貼っておきます。
最近ちょっと放置気味なので、またやらにゃいかんなぁ。






  •   23, 2017 15:41
  •  0
  •  0

本が到着しました!

  11, 2017 13:25
珍しく2日続けての更新です。
というのも、ついさっき新しい本が届いたから!嬉しくて更新しちゃいます。




イギリスからの発送ということで到着に1か月位かかり、首を長くして待ちわびていたのでした!
中古ということなのですが、表紙がちょっと色あせてるかな?という位で他は状態も良し。
読み始めるのが楽しみです。

最近は図書館で本を借りることが多かったのですが、
こうやって自分で購入して本を読むのもいいなぁと改めて思います。
Amazonで注文して届くのが、何だかプレゼントが届いたかのような嬉しさがありますね。
病気療養中にAmazonで洋書を注文しては、ワクワクして待っていたのを思い出しました!
やっぱりたまには自分で購入して読もう。

さっそく読み始めたいところなのですが、実はまだ読書中の洋書があるのです。
こちら、まだ読み終えていません。




最近はお風呂読書を辞めて部屋読書にして、夜寝る前なんかに読んでいます。
気になったフレーズやセンテンスに線を引いてみたりしています。
後で読み返す時のために。
読んでいてハッとさせられる言葉がたくさんあります。

例えば、最初の方のページで、「今を生きる」ということについてこんなことが書かれています。

Realize deeply that the present moment is all you ever have. Make the Now the primary focus of your life.
Whereas before you dwelt in time and paid brief visits to the Now, have your dweling place in the Now and
pay brief visits to the past and future when required to deal the practical aspects of your life situation .....
Say "yes" to life - and see how life suddenly starts working for you rather than against you.

「今のこの瞬間が全てであると理解するすること。そして、今を人生の中心に据えること。
これまでは時々今を訪れるだけだったのを、これからは今を常の場所にして、
現実的な問題に対処するため、必要がある時にだけ時々過去や未来を訪れるようにする。
(中略)人生に「イエス」と言う。そうすれば、人生は突然、あなたに敵対するのではなく、味方をしてくれるようになる。」


精読ではなく多読的に読んでいるので、ものすごくザクっとした訳になってますがお許し下さいね。
ここだけ抜粋してもわかりにくいかもしれませんが、読みながらいかに自分が過去や未来に囚われているか、
そして、それ故に自ら要らぬ逆境を作り出しているかに思い当たります。
人生で上手く行かないことがあった時、このこと思い出して見つめなおせたらいいなと思います。
実際この後、著者も、「意識すること」が大事と言っているので
人生のドラマに巻き込まれるのではなく、そういう自分を客観視することが大事。

昔に比べると、大分とそういうことが出来るようになったんですが、
それでもやっぱり時々、自分で作ったドラマにはまってることがあります。
この本、読んで終わるんじゃなくて実践することが大切と思うので
アンダーライン引いたとこをたまに読み返してthe Nowに戻れるようにしないとですね。

この本、スピリチャル系の本と思われているかもですが、書いている内容は多分に心理学的な要素があると思います。
アドラー心理学とか、部分的にはユングの集合無意識にも通じるものがあるかも?
先入観を取っ払って読んでみると、色々と気付きのたくさんある本かなと思います。

後数十ページ、読み終えて、次の本に着手するぞ~!





ランキング参加中。
クリック頂けると嬉しかったりします。
FC2 Blog Ranking



にほんブログ村

  •   11, 2017 13:25
  •  0
  •  0

GRIT

  10, 2017 22:36
オンラインレッスンでずっと使っている音読教材。



先日、生徒さんとお話ししていて「もうすぐ最後まで終わっちゃいますが、次はどうしましょう」という話に。
まだ先の話なんですが、そろそろ考えておいてもいいかなと思っていたところ
こんなのどうでしょうか、とTEDトークのリンクを送って下さいました。
見てみたら、これがなかなか興味深い内容!
ということで、ブログにもリンクを貼ってみます。

Grit: The power of passion and perseverance

この方、コンサルタントから教師になり、さらには大学院で心理学を専攻して心理学者になったという。
まさにパッションを追い求めて来られたんだろうなという気がします。
話し方にメリハリがあって、聞いていて引き込まれます。

仕事において、勉強において、さらには人生において、成功する秘訣とは何なのか。
それは決してIQではない。経済力でも環境でもない。
Grit「やり抜く力」なんだと。
こういう話、聞いていて希望が持てて良いですね。

人って色んなことを理由にして「自分には無理」と諦めてしまうことありますが
大切なのは「最後まで諦めずにやり抜くこと」だというわけです。

英語だって結局はそうですよね。
どういう環境に身を置いていようと、「英語出来るようになりたい」という情熱があって
それを実行に移し、途中で投げ出さずに続けていけば、いつかちゃんと実を結ぶはず。
どういうプロセスで、どういう方法で目標達成するかは人それぞれですが
根気強くやり続けていく人が結果を出せる。
才能じゃないんだっていうところが、いいですね。
これは日本人が好きそうな話だなぁ。

このGritという言葉、聞き覚え(見覚え)あるなぁと思って調べてみたら、やっぱり、ありました。



この表紙、書店で見かけたんですよね。
英語版はこちらです。



レビューを見ていると、彼女の言うperseverenceは、日本人的な「頑張る」というのとは違うよう。
「無理して頑張る」では長期的に継続していけない。
短距離走ではなく長距離走の感覚で、長く継続していくことが大切。

彼女が言わんとしていること、わかるような気がします。
「とにかく頑張ることが大事」という考え方に違和感を覚えることがあるので
読んでみたら面白そうという気がします。

彼女のTEDトークを音読素材として使うかどうかはまだ未定ですが
「面白そう」と興味を持てることは学習をする上で大事だと思うので
来年の音読素材候補としてリストに載せておこうと思います。
ご紹介ありがとうございました!

ちなみに私、英語学習歴20年を優に超えますが、講師歴もあと数年で20年に到達しそう。
気が付くと人生の半分近い年月を、英語講師として過ごしてきたのだな、とちょっとビックリです。
これもGRITのなせる業?
こうやって生徒さんとコミュニケーション取りながら
自分の更なる英語力アップ&生徒さんの英語力アップのための指導力も上げていけたらなぁと思います。
まだまだ新しい発見があるんだよなぁ。



FC2 Blog Ranking



にほんブログ村




  •   10, 2017 22:36
  •  0
  •  0

最近のこと

  06, 2017 12:10
新しい大学の講座もスタートして、またちょっと忙しくなっています。
週に一日は大学2件はしごすることになりますが、やっぱり何となく慌ただしい気持ちになりますね。
こちらの大学も行き始めて丸2年。
去年の秋が初登板でした。
こうやってまた同じ大学に戻るとなんかちょっと懐かしい気持ちになる。
そう言えば、今行っているビジネスライティングの企業研修も去年の春から続いている仕事です。
単発で終わる仕事もありますが、継続してご依頼頂いたりもするので
最近は馴染みの仕事が多いような気がします。
私も安心感持って出来るし、先方も同じ先生で信頼できるというのがあるよう。
立場はフリーだけど、何となく愛着が出てきて、チームの一員みたいな気持ちになります。

どんな仕事も一人で出来るわけではない。
やっぱり人との繋がりがあって、信頼関係を築いて、共同作業して何かを作り上げていくわけです。
そのプロセスが面白くもある。
助けてくれる人の存在はやっぱり有り難い。
何かあった時に「そうだあの先生にお願いしよう」と思い出してもらえるのは光栄なことでもあるし。
それが次の仕事に繋がるわけです。

先月に代講でお伺いしたスクールからも、先日また連絡を頂いて、「またお願い出来ませんか」とのこと。
結局、日程が上手く合わなくてお引き受け出来なかったんですが
そうやって思い出してもらえるというのは嬉しいことだなとも思います。
評価が悪かったら「またお願いしよう」とは思ってもらえないでしょうから。

仕事とは別で、ダンスの方も、先日ディナーショーで踊らせてもらってきました。
こちらも、夏にビアガーデンで踊らせてもらったお店です。
評判良かったので、またお願いしますということで参加依頼があったのでした。
お店の方の尽力もあって満員御礼で、大盛り上がりのとっても楽しいイベントとなりました。
お客さんに喜んでもらえるとやっぱり嬉しいなぁ~。

そんな感じで、割と忙しくしています。
ブログの更新はホントにボチボチしか出来てないのですが、
もう一つのブログ「わたしの英語学習法」もスロウペースですがちょっとずつ記事を上げています。
学習方法に関して、過去を振り返りつつ思う事を書き綴ってますので、読んで頂けると嬉しいです。

マイペースなブログですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。



FC2 Blog Ranking



にほんブログ村



  •   06, 2017 12:10
  •  0
  •  0

読書の秋

  22, 2017 18:22
急にぐっと寒くなりましたね。
今日はお天気も荒れ模様。
このお天気で投票率下がったりしないのかな?
私は午前中に1票投じてきました。
レインコートにレインブーツと完全武装で(笑)
結構人来てましたが、皆お天気が荒れる前に~と思ってたのかも。

今年の梅雨の時期に新しいレインブーツを買っていたのが最近大活躍しています。
梅雨の時期には結局1度も履かずだったのに、ここ最近雨が多いですね。
でもレインブーツのお陰で雨もへっちゃら♪
水たまりだってもう怖くないさ!とちょっとウキウキ気分。
我ながら単純だなぁ(笑)

しかし、寒いのは苦手です。
今年は急に寒くなったので、何だか秋を通り越して冬がやって来たような感じ。
とは言え、まだ冬という程の寒さではないのですが。
でもこの感じだと紅葉はどうなのかなぁ・・・。
ここ数年、紅葉があまり見れていない気がします。
四季の楽しみが少なくなってしまうのは残念だ。

寒い季節は苦手ですが、それでも寒い季節ならではの楽しみというのもありますね。
と、さっそく鍋を作って思ったのでした。
トマト鍋、というかトマト煮込みスープ?
あったかい物が美味しい季節ですよね。
夏より冬の方が食の楽しみは多い気がするなぁ~。

そして家に籠りがちになるこの季節は読書もまた楽しい。
お家で音楽聴きながら読書をするのが楽しい季節です。
まぁ、年中読書はするんですけど、読書でまったり出来るのはやっぱり秋冬だなぁ。

今読書中の洋書は、夏から読んでいるこちらの本。



まだ読んでるのかい!と突っ込まれそうですが、お風呂でしか読んでないので遅いのよ・・・。
小説じゃないから続きが気になる!という本でもないし。
内容的には決して万人受けではないですね。
いわゆるニューエイジ的な精神世界系の内容。
でも、禅的な感じでもあるので、日本人にはそれ程抵抗ないかも?とも思います。
ただ、すんなり理解できる内容ではないので、わからん人にはさっぱりわからん。
英語自体は難しくないので読みやすいですが、all that is とか being、 beingness、inner body、pain bodyなど
ちょっと独特な表現も出てくるので慣れないとわかりにくいかも。
でも、逆にこれを翻訳で読むとかえってそのニュアンスが伝わらないかもと思うので
やっぱり英語で読むのが良いかとも思います。

読みながら「そうだよなぁ」と思ったのが、多くの人がmindに囚われすぎて生きている、
そして、「今ここ」ではなく過去や未来に生きているということ。
確かに人間の悩みの大半は過去や未来に起因するもの。
断捨離の本なんか読んでいても、物を捨てられない理由は「過去への執着」か「未来への不安」だったりする。
そういう時間軸から脱却して今ここで生きれたら、生きるのは随分と楽になるのだろうと思います。
座禅や瞑想も今に意識を向ける訓練みたいなものですよね。
色んなことに追われて生きている現代人にとって、こういう思考って大切かもなと思います。

まだ読了してないのに、気候のせいか読書熱が急に高まり、次の本を注文してしまいました。



夏ごろ本屋さんで見つけて気になっていたのですが、やっぱり読みたいと思ってついに注文。
まだ届いてませんが、今読んでるThe Power of Nowが終わったら取り掛かりたいです。
これまた小説ではないので、のんびり読んでいこうかな。
こちらはドキュメンタリー。でもとても興味深そう。
届くのが楽しみです!

こんな感じで、これからもマイペースで読書楽しんでいこうと思います。



  •   22, 2017 18:22
  •  0
  •  0

Listen To Your Heart

  21, 2017 21:11
大学でのTOEIC講座が無事に開講決定しました。
また来週から忙しくなるぞ~。
新しい仕事を引き受ける時って毎回ちょっと不安もあるんですが、同時にワクワクする気持ちもあります。
なので今回も同じく、楽しみな気持ちと「ちゃんと出来るかな」という心配な気持ちがあります。
何とかなるだろうとも思ってるんですが、いつも体力的な面は不安。
ティーチングに関しては長年やっているから自信を持てるんだけど
仕事を何件も引き受けると、身体は大丈夫かな?という不安はいつも付きまといます。
と言って、それで仕事をセーブしていたらいつまで経っても仕事増やせないので
思い切ってやるしかないんだけど。

今回、授業の準備はそれ程大変じゃないので、大丈夫だろうと思っています。
後は、風邪引かないように要注意!
そしてインフルエンザも!!!
なかなか休みの取りにくい仕事なので、体調管理は本当に大切です。
体力自信ないくせに休みの取りにくい仕事をしてるよなぁ(笑)
好きでやってる仕事だから仕方ないですね。

翻訳の方は今期は授業お休みと先日も書きましたが、クラスメイトと時々連絡を取っていたりします。
今週から10月期スタートなんですよね。
これまでも、ちょこちょこ休学を入れながらの通学なので、正直ちょっと焦る気持ちもあったりします。
休学している間にクラスメイトに追い越されていきますからね。
私がこうして休んでる間に皆どんどん実力つけていきます。
でも、それも仕方ない。
どっちが先に仕事始めるかと競争しているわけでもないし、早く始めるのがいいというわけでもないし。
クラスメイトの存在は励みになるので、「皆頑張ってるんだなぁ」と思うと、
私もたとえ休学中と言えども自己学習しておこう!という気になるし。

それぞれに違う環境、違う事情がある中で翻訳という道を目指して勉強しているわけです。
得意不得意も人それぞれ。
どういう形で仕事にしていくかも人それぞれ。
なので、私は私なりのペースで勉強して、仕事につなげていけたらいいなぁと思います。
クラスメイトはライバルというよりも仲間ですね。
良い刺激を与えあっていける貴重な存在です。

やっぱり翻訳やっていきたいと思う一方で、大学講師・企業研修講師の仕事にもやりがいを感じていて
これはこれで手放せずにいるのです。
きっと私は欲張りすぎるのでしょうね。困ったもんだなぁ(笑)
でも、だから会社に属するのではなく、フリーの身で仕事をしているわけです。
やりたいと思ったこと何でもチャレンジしてみればいいと思っています。
一度きりの人生、自分が思うように納得いくように生きればいい。
翻訳一筋に行った方がスキルアップも速いのかもしれないけれど
私は寄り道しながらノロノロと進んでいます。
でも、これはこれでいいとも思っています。

人と比べずに、自分のスタイルで、自分の心の声に従ってこれからも進んでいきたいと思います。



  •   21, 2017 21:11
  •  0
  •  0