英検1級の単語

英検1級単語の単語って一体どれほどに使うのか?
知らなくてもそれほど困らない単語が多いというように思います。
でも、じゃあ覚えても無駄なのかというとそういうわけでもない。

先日も書いたように、語彙力強化しようと最近スマホ活用して単語勉強しているのですが
覚えた単語にさっそく出会いました♪
どこでかって言うと、まずは洋書の中。
それから、これまた最近アプリで読んでいるThe Economistの記事の中。
1級単語はこういうところで力を発揮しますね。

やはり覚えた単語に出会うと嬉しいものです。
「こうやって使うのね、この単語」とまた勉強にもなるし。
ちなみにどんな単語かって言うと、例えばdetest「嫌悪する」。
後は・・・どんなだったかもう忘れました(笑)
でもこうやって実際に出会うと「ほんとに使うんやね」と思いますね。

しかし、日常会話でどれほど使うでしょうか?
会話であればhateで十分事足りますし、その方が伝わるのでは?
調べてみたところ、hateよりも強い憎しみということのよう。
でも私は使ったことないし、聞いたこともない・・・。
やはりあまり積極的にアウトプットで使う必要ないかなと思います。
翻訳の課題する時には使っても良さそうな気がしますが。

ただ、不思議なもので、新しく覚えた単語って出会う確率が高い気がします。
それはたぶん、これまで気に留めずにスルーしていたものに気付きやすくなるからじゃないかしら?
本を読んでいても知らない単語は大抵スルーして前後の流れから予想して読み進めることが多い。
それが、勉強することで、「あ、この単語こないだ覚えた!」と気に留めるようになる。

単語に限らず色んなことに言えると思いますが、
普段気付かずに見落としていることってすごくたくさんあると思います。
意識しないとどんどんすり抜けていく。
そこに意識を向けることで気づきがあり発見があり成長がある。
それが勉強することの楽しさでもありますね。

ボキャビルなかなか続かないんですけど、今度こそ続けていけたらなと思います。
せっかくなので、自分の勉強のためにも、新しく覚えた単語をブログにアップしてみるのも良いかもですね。
ただ、機械的に覚えた単語は自分の中でしっくりこないので、
今回みたいに「実際に出会った単語」をシェアしてみますね。



ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村