Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

初回レッスンなんとか終了

新しい大学での授業、企業でのレッスン、どちらも初レッスンが何とか終了。
まぁ、しょっぱなから色々とトラブルがあったので、
「無事に問題なく終わりました」とは言えません。
「何とか終わった」といった感じです。


どんな仕事もそうかと思いますが、予定通りに滞りなく進むことばかりではありませんよね。
予想外のことが起こったり、事前に聞いていたことと違うことがあったり。
その辺りはフレキシブルに対処していくしかない。
そして、それが出来るためにも自分のスキルを高めていくことが必要。


大学での授業と企業での授業は、当然ながら雰囲気は全く違います。
生徒への接し方も違います。
英語を学ぶ目的も、モチベーションも違います。
それは、大学か企業かというよりも個々人によって違うと言えますが。


教える場所によって、私の気持ちも切り替えていかなければいけないんですが
それがある意味自分にとって良い気分転換みたいになっている気も。
大学だけ、企業だけ、というのではなく、両方で教えることで
自分の引き出しを増やしていける気がするし
自分の中にあるいろんな面を出していけるような。


大学生たちには「今」だけを見るのでなく、
「卒業後の未来」を見すえて英語を学んで欲しいなと思います。
正直、そんなこと考えない生徒が多かったりもしますが
教える私の方が「この子たちの未来」のビジョンを心に描きながら
社会に出ていった時に役に立つ知識やスキルを身に付けさせてあげれたらなと思います。
企業でのレッスンで生徒さん達がどう苦労されているか
どう仕事で英語を使っているかを目の当たりにすることが
学生達を指導していく上で生かされるような。


企業レッスンでは色んな業界の企業に行かせてもらうので
私自身が色んな業界を疑似体験させてもらっているような気がします。
それがすごく面白い。
それぞれの分野の専門的なことは私には全くわかりません。
今レッスンにお伺いしてる企業はシステム系の企業ですが
コンピューター苦手な私にはさっぱりの分野です。
そこで、ビジネスE-mailの書き方を教えているわけです。
でも、私が教えるのは専門的な英語ではなく「基本的な英語」です。
初級レベルの方を対象にしているので尚更ですが
まずは英語の基礎知識、基礎文法が大切。
それをどう応用していくか、です。
ベースになる部分をまずしっかり身に付けていただけるようにしています。


スクールで教えていた時とは、違った視点でレッスンを見れるようになってきたなぁという気がします。
すごく自分の世界が広がっているような気がします。
やっぱり飛び出してみて良かったなぁと思います。
まぁ、大変なこともありますが、それでもやっぱり「これで良かった」んじゃないかな。


ちなみに、ライティングのクラスではTOEICの問題集も教材の一つとして使用しています。
しかし、TOEICでスコアを上げることが目標ではありません。
あくまで、「英語でメールが書けるようになる」ことが目標。
なので、テストで高得点を取るテクニックを教えるのではなく
実際にビジネスメールで使える表現、応用の利く表現を教えています。
TOEICの問題集にはビジネスメールの用例がたっぷりありますから。








教えるためには私もいっぱい勉強しなくてはいけません。
でも、そうやって勉強することで、結果として自分の英語力も上がるんですよね。
思い返せばこれまでもそうやって英語力上げてきたわけです。


歳と共に瞬発力や集中力はなくなってきてるように思いますが
理解の深さは深まってきているようにも思うので
まだまだ伸びしろはあると思って勉強続けていきたいです。



4月からのレッスン、新しいスタート切ったばかりですが
これからどんどん良いレッスンにしていけたらいいなぁと思います♪




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?