Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

You Raise Me Upの歌詞から学ぶ

留学経験なしにどうやって英語を話せるようになったんですか?
と色んな人から尋ねられますが
もちろん一言でお答えできるような答えはなく
長い道のりがあり色んなプロセスを通ってきています。
シンプルな答えをお返しすることは残念ながらできません。


留学せずに英語を習得することは十分に可能だと思うのですが
やはり不利な点もたくさんあります。
一番大きなデメリットは留学組に比べて英語体験が不足しがちな点。
海外に行けば嫌でも英語環境に身を置けますが
日本にいてはそれはなかなか難しい。


教科書などでの英語の勉強を中心にしていると
知識としての英語の蓄積は出来るのですが
感覚的な部分で英語を体験すること体感することが出来ない。
でも、この感覚的な部分、英語を感じ取ることというのが
スピーキング力を上げていく上で非常に重要
だと思うのです。


英語学習には右脳的な学習と左脳的な学習の両方が大切じゃないかと思います。
海外経験が長い人、帰国子女、もちろん英語ネイティブも
みんな右脳で英語を習得しているのだと思います。
理屈はわからなくても感覚でわかるということです。
一方で日本の英語教育は左脳的。
英文和訳や文法学習など、理論で理解しようとする。


残念ながら、理論だけでは英語は話せるようにならない・・・。
かと言って、日本で英語を習得しようと思えば
外国人的な右脳学習には無理があります。
そこまで英語漬けにはなかなか出来ないですから。
そこで、両方のいいとこどりをするのが一番良いのではないかと思うのです。


文法などのロジックを学ぶことで学習の効率を上げて
そこに何らかの形で右脳的な学習を入れていく

実際の英語に触れること、英語の感覚を身に付けていくこと
英語を頭で理解するのではなく、体験して染み込ませること。


で、私はこの右脳的英語学習を、学生時代に洋楽の歌詞でやっていたわけです。


そこで、昨日の記事で書いたYou Raise Me Upの歌詞を再度ここでちょっと見てみましょう。


When I am down, and oh my soul, so weary
When troubles come, and my heart burdened be
Then I am still and wait here in the silence
Until you come and sit awhile with me

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up to walk on stormy seas
I am strong when I am on your shoulders
You raise me up to more than I can be


英語を理解する時、基本的には英語は英語のまま
英語の語順で理解する
ことが大切です。
日本語を介して理解するのではなく、英語の語感を感じ取る。
いわゆる英文和訳をしてしまうと、
日本語の理論展開と英語の理論展開はまったく違うので
頭で理解する英語になってしまいます。


例えば、Untilの使い方、日本人で苦手な人が多いのですが
この一文をどう理解していくか見てみましょう。
普通に英文和訳をすれば「あなたがここに来て傍に座ってくれるまで
私はここで動かずに静かに待っている」となります。
普通に日本語にするとUntilの部分が前に出てきます。
これを逆にすると、日本語ではやっぱりちょっと違和感があると思います。
詩的な表現としてはOKですが、日常的ではないという気がします。


ところが、英語ではuntilの節は前に持って来ても後ろに持ってきてもOKです。
これはuntilに限らず、when, if, before, because等々、他の接続詞にも共通して言えることです。
日本語にはこういったフレキシブルさはあまりない気がします。
なので、日本語のロジックで理解していると、
いざ会話で使おうとした時に頭が混乱してしまう
のです。


なので、英語のロジックで理解します。
ここではuntilをあえて後ろに持って来ています。
旋律に上手く乗せるためというのもあるでしょうが
聞き手の心に響かせるためにもあえて後ろに持って来ているのです。


I am still and wait here in the silence


まず、この文章が来ます。
後ろの部分はないと思って、この部分だけを聞いて情景を思い浮かべて下さい
私が一人、誰もいないところに居る。
そして、誰か、もしくは何かを待っています。


そこに次の文章が来ます。
Until you come and sit awhile with me


ここで初めてYou「あなた」が出てくるのです。
そこで目に見えてくる情景が変わります。
ここまで、ずっと「私」しかいなかった情景の中に「あなた」が見える。
辛い時、苦しい時、一人じっと静かに待っている「私」の前に「あなた」が現れる。
ここで初めて、「ああ、これを待ってたのか」ということがわかります。
そして、サビの部分ではYouで始まる文章が続きます。
You raise me up so I can stand on mountains.
You raise me up to walk on stormy seas.
「あなた」が主語の文章です。
ここで、しっかり「あなた」の存在にスポットライトをあてるためにも
until you come ~はやはり後ろに持ってきたかったのだと思います。


ちなみにYou raise me up ~の文章も前から意味を取っていくといいですね。
「あなたが私を勇気づけてくれる」
to~は目的を表すtoとも取れそうですが、ここでは「結果」として受け止めた方が良さそう。
励まされた私は嵐の海すら歩けちゃうのです。
ここでもやっぱり、目に浮かぶ情景は
「あなたの勇気づけ→嵐の海を歩く私」の順番であり、逆ではないのです。


最後、You raise me up to more than I can be.
これは、toの後にbeが省略されてるのかな?
まぁ、細かい文法的なことはさくっと流しましょう。
大事なのは「言葉を感じること」。
canは「可能」を表すので、「私がなれる以上のものになれる」ということですから
「自分の限界を超えていける」ということでしょうか。


こんな感じで、英語の詞を感じ取っていくこと。
そうすることで、英語を体感することが出来るように思います。
もちろん、これは、映画のセリフとか、違うものでもいいのですが
私の場合は洋楽の歌詞だったというわけです。
まぁ、曲によっては、日常では使えないものだったり
何が言いたいのかよくわからないものなんかもあるのですが
それも含めて歌詞の解読が楽しくて取り組んでた
ちょっと変わった高校生でした(笑)


さて、最後にトリノオリンピック・エキシビションの荒川静香さんの演技。
歌詞の意味を感じながら見ると、さらに感動的。
金メダルへの道は、辛い事苦しい事たくさんだったろうけれど
色んな人の助けや励ましで、それこそ「転んでもまた起き上がる」
そうやってつかんだメダルだったろうと思います。
そんなたくさんの支えてくれた人たちへの感謝のプログラムですね。








関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?