Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

先生の背中を追いかけて

4月から教えに行っている大学とは別に、また別の大学の講座もスタートしました。
こちらは毎年恒例で春と秋に3か月程教えに行っているクラス。
大学が主催する生涯学習講座ということで
参加者の多くは一般参加の生徒さん達です。
なので、大学のクラスと言っても全然雰囲気が違います。


こちらの講座、担当し始めて今年で4年目となります。
ちょっと自分でもびっくり。もうそんなになるんだなぁ~。
エージェントさんから、「今年も先生にお願いします」とご依頼頂いたので
別の大学レッスンもあるけれど、何とかお引き受けしたい!と頑張ってやることに。
しばらく忙しいですが、まぁ何とかなるだろう!


ということで、現在、大学のお仕事2つと企業でのWritingクラスを担当しています。
授業の雰囲気はどれも全然違います。
大学1回生の文法のクラス。
3・4回生の読解のクラス。
生涯学習講座では学生+一般参加の大人の方達相手に基礎文法。
企業クラスではBusiness Email Writing。


ホント、多種多様だなぁ~。
でも、それぞれに面白いです。
こうやって色んなタイプのクラスを教えるのは、大変でもありますが
すごく良い経験をさせてもらっているなぁとも思います。


たまたま今は大学のクラスが多く、学生を相手にすることが多いですが
たまに企業レッスンに行くと何だかちょっとホッとしたりして。
企業研修の生徒さんの方が学習のモチベーションが高い。
そして年齢も近いので、話も通じる(笑)
大学生、可愛いですが、1回生なんかはやっぱりまだ子供な感じですから。
大人の生徒さん相手にするとやっぱりホットします。


大学が夏休みになると、急にヒマになりますが
たぶん今年後半くらいから別の企業レッスンが入りそうな感じです。
まだ確定ではないですが、TOEIC対策クラスが入りそう。


会社が実施するTOEICのIPテストは、今年一杯はまだ旧式のTOEIC。
なので、企業研修のTOEIC対策クラスは新TOEICには対応していなかったのですが
たぶんそろそろ企業クラスも新形式TOEICに変わっていくのではないかと思います。
そうすると、やっぱり私も新TOEIC受けとかないとなぁ~。


と言うことで、6月のTOEIC受験することにしました。


もうちょっと先送りしようか思ってたのですが
7月は忙しくて受けれそうにないし、8月はTOEICないし、
9月もどうなるかわからない・・・。
だったら6月受けとこう!と。


前回のTOEICは勉強せずに受けたので、今回はもうちょっと勉強して受けようかなぁ。
でも、新形式TOEIC初受験となるので、腕慣らしといった感じになるでしょうか。
最近リスニングが不調なので、もうちょっとリスニングしてから受験しようかなと思います。





ここ最近TOEICへのモチベーションが下がってたのですが
新形式になってTOEICの内容も面白くなり、これでちょっと学習意欲上がるかな?


まぁ、TOEICに限らず、英語の勉強はやっぱり楽しいので
仕事でも使いますから、前向きに取り組んでいこうと思います。
私が勉強すればする程、生徒さんにも色々と教えてあげれるわけだし、
そういう先生の方が生徒さんにとっても刺激になるんじゃないかなと思います。


スクール勤務時代も思いましたが、帰国子女の先生や
海外経験の長い先生たちの中には
日本に帰国後あまり英語の勉強されてない方もいる。
勉強しなくても出来るのかもしれないですね。
私はそういうバックグラウンドがなかったので
常に勉強して英語力の維持&スキルアップに努めてました。
私よりも英語力の高い日本人講師も多かったですが
いつも「勉強は私が一番してるんじゃないか」と密かに思っていました(笑)


米国帰りの先生なんかは、日本人というよりアメリカ人のような雰囲気で
そういうのが生徒さんからしたら「格好良い」と思われたみたいですが
私はそういうのはなくて、結構フツーの日本人。
でも、たぶん、それが良かったんやろうな。
会社からは、「日本人の先生には生徒さんのロールモデルであって欲しい」と言われていました。
自分もあんな風になりたいと憧れられる存在。
そういう意味では、私は結構いいロールモデルだったんじゃないかと思います。
留学したことないけどネイティブみたいに格好良く英語を話す先生。
日本で勉強して、そんな風に話せるようになれるのなら
私も頑張れば出来るようになるかもしれない。
そんな風に思ってくれた生徒もいたと思います。


そして、どこまでも勉強し続ける姿を見せていれば
そんな私の背中を見て、生徒達も動いてくれるんじゃないかなと思っていました。
それはきっと帰国子女ではない私だから出来ること。


人を動かそうと思えば、まずは自分が動くこと。
私が勉強してるのを見て、生徒もきっと勉強してくれるんじゃないか。


私の英語は完璧ではないし、先生としても完璧ではない。
何でも知ってる完全無欠の先生を演じたところで、どうすぐにボロが出る。
ウソの自分を演じて尊敬を集めるよりも
完璧ではない自分のままで、でも完璧ではないからこそ勉強し続ける姿を見せることが
自分に正直に生きることになるし、生徒をインスパイアできるんじゃないかと思います。


先生だって完璧じゃないんだから、生徒が間違えるのは当たり前。
でも、間違えてもいいのだ。
そこから学んで進化していけばそれでいいのだ。


何でも知ってる先生、完璧な先生を求める人は私のレッスンを受けない方がいい。
ご希望には添えませんから。
でも、完璧ではない、普通の人間で、だからこそ学び続ける
そんな先生の背中を追いかけて一緒に成長していいきたいという方はウェルカムです。
一緒に勉強していきましょう。







関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?