Lady Green English Salon

大学・企業研修講師LadyGreenのブログ。英語学習歴20年以上。留学経験なし。日本にいようが海外にいようが、英語力は伸ばせるはず。そう信じて今も学習中。Enjoy learing English and broaden your horizons!

第211回TOEIC感想

本日、TOEIC受験して参りました。
新形式TOEIC初体験です。
受験してきた感想を書いておきますね。
あくまで私の個人的な感想ですので、人によって意見は違うと思います。
その上で、ご参考にして頂ければと思います。

まず、全体的な感想です。
これは以前に新形式の公式問題集を解いた時に書いたことと同じようになりますが、「やはり全体的な難易度がさほど変わったとは思わない」です。
形式が変わっただけで、決して難しくなったわけではないという気がします。
ただ、これまでのTOEICの形式に慣れていて、TOEICのスコアアップのために対策をしてこられた方にとっては、形式が変わったことでの戸惑いがあったりするのではないかと思います。
試験って結構メンタルな部分も大きく影響しますから、慣れない形式=難しい、と感じるかもしれません。
TOEICに特化せずに英語の勉強をしてきた人にとっては、それ程難しくなったと感じないかも、という気がします。

今回初めて新形式TOEICを受験するにあたって、私が取り組んだことを書いておきますと、ちょっと前の記事にも書いたように、まずは「Beyond990」の本を引っ張り出してきて、パート3・4、それから長文読解の問題をいくつか解いてみました。




最近リスニングが不調だったので、苦手なパート3・4の問題を使ってオーバー・ラッピングやシャドーイング。
長文読解は、試験当日の朝、時間を計っていくつか問題を解いてみて、スピードや感覚を思い出すようにしました。
これらは全て旧形式のTOEIC問題です。

新形式対策として、本当は公式問題集のテスト2を本番1週間前くらいに解いておこうと思ったのですが、仕事が忙しかったのと夏の暑さにやられて気力がなく(笑)、結局出来ず仕舞い。
前日の夜にテスト1をざくっと見直して形式の確認、変更点の確認をして、時間配分や解き方を決定。
そんな感じで今日の本番に挑んできました。

各パートについての感想はまた改めて書こうと思いますが、全体を通して感じたのは、これまで以上に情報の関連付けや、文脈や意図を理解すること、マルチタスクのスキルが求められるということ。
聞きながら設問を読む、グラフを見ながら会話を聞く、グラフと設問を関連付ける、文書間の関連付けをする、設問の答えを探しながらも文書全体の流れを読み解く。
いわるゆるテスティング・スキルではなく、総合的な英語力が求められるのではないかと思います。

解いていて結構楽しかったです。
前回はモチベーションが上がらずに苦労しましたが、今回の受験は楽しめたかなという気が。
こんなテストならまた受けたいわ♪と思います。

結果がまだ出ないのであまり大きなことは言えませんが、正直言うと旧TOEICよりも解きやすかったという気がします。
意地悪な問題が減ったんじゃないかな。
前回よりもスコア上がってたらいいのになぁ。
でも、答えに自信のない問題もいくつかあったので、やっぱり結果が出るまでわかりませんね。

受験された皆様、お疲れ様でした!




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?