Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

教科書の英語とリアルな英語

最近本当に色んな所で英語を教えているので、改めて「日本人の私達が学ぶ英語って何なんだろう?」ということを考えさせられます。
大学生を教える時、大人の方を教える時で教え方は違いますし、趣味で英語を学ぶ人、資格試験の勉強をする人、仕事のため実践的な英語を学びたい人、それぞれにお伝えすることもまた違ってきます。
そして、もちろんその方の英語のレベルによっても教える事は違ってきます。

以前、英会話スクールで教えていた時、ある生徒さんからテキストに出てくる文章をさして「これって本当にこんな言い方するんですか?」と聞かれたことがあります。
ご自身が使っていた別の教材を外国人に見せた時に、「そんなの使わない」と言われたそうなのです。

その方は初級レベルの方でした。テキストの英語も初級の方向けの簡単な英語で書かれています。
当然ながら、それは「リアルな英語」ではありません。
だって難しい表現は排除してあるから。

でも、だからといってその方が、いきなりネイティブ同士が普通に話すような会話を教材にして勉強したらどうでしょう?
確かにリアルな英語ですが、それで英語が話せるようになるでしょうか?
初歩的な文法がまず使えていないのに?

書店に行けば英語学習の教材が山のようにあって、中には「ネイティブならこう言う」とか「日本人の英語のここが変」とかいう本もたくさんあります。
「英語が苦手、でも話せるようになりたい」という人が、もし最初からネイティブみたいな英語を習得しようと思って勉強したら、きっと挫折しちゃうんじゃないでしょうか。

何事にも段階というものがあると思います。
最初はまず英語の基礎から学んでいくことが必要。
それは必ずしもナチュラルな英語ではないかもしれません。
と言うか、ナチュラルな英語ではないと思います。
でも、上級レベルの英語話者になるプロセスの中で、通る必要があるのです。

最初はぎこちない英語でも良いのです。
間違いだらけの英語でもいいのです。
かっこよい英語表現じゃなくていいのです。
とにかく少しでも言いたい事が伝わればいいのです。

そこから少しずつステップアップして行って、文法の正しさや表現の美しさ、ナチュラルさを求めていけばいい。
そうやって学んでいく中で、たくさんの発見があります。
常に新しい気付きや学びがあります。
英語学習に終わりなしですから、「自分は英語が出来る」と驕っている場合ではありません。
知らない事まだまだあるから。

だからと言って、「自分の英語なんて全然ダメだ」と卑下する必要もない。
ダメなところもあるけれど、出来てることだって一杯あります。
誰だって最初は初心者です。
そこから地道に積み重ねていくのです。
諦めずに続けた人が上級レベルに到達していけます。才能じゃない。

先の生徒さんにはこんな風にお伝えしました。
「いきなりナチュラルなネイティブ英語を目指さなくていいですから、今必要なことを練習して、徐々に力をつけていって下さい。」

さて、その生徒様、その後どうされたか実は私はよく知りません。
私の担当生じゃなかったのです。たまたまその時お話しする機会があっただけ。
地道に続けて力つけてくれてたらいいんですけどね。

とにかく今日お伝えしたかったのは、「最初からトップレベル目指さなくていい。完璧目指さなくていい」ということ。
今の自分に必要なことを学んでいって、徐々にレベルを上げていけばいい。
焦らずにじっくり取り組んでいくのがいいと思います。

そして、初心者の方もどんどん英語を使ってみて欲しい。
コミュニケーションを楽しんで欲しい。
自分の殻をやぶって世界を広げていって欲しいです。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?