Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

頑張らない

  21, 2008 13:10
頑張るっていう言葉、私たちはよく使いますよね。

頑張って!
頑張ろう!
頑張ります!

励ましの言葉として、前向きな言葉として、使っているんですが、
でも、頑張るということは、どこか無理をすることでもあるような気がします。

本当は頑張る必要なんてないのかもしれません。
無理することなんてないのかもしれません。
自分らしく生きれば、頑張ることも、無理することもないのかもしれません。

私は英会話の講師をしています。
当然、英語がしゃべれます。
ネイティブ並みにとは言いませんが、
かなりペラペラに近いと思います。
それだけ話せるようになるには、当然努力をしました。
一杯勉強しました。
一杯練習しました。

でも、頑張った、という記憶はありません。

英語が好きだったから。
英語の勉強が楽しかったから。
しんどいと思ったことはありません。

人は、自分の好きなことをしている時には、
頑張る必要はないのです。
傍から見て頑張っているように見えても、
本人はちっとも苦痛ではないのだと思います。

「努力する」ということと、「頑張る」ということは、
違うことなのではないでしょうか。

人生において努力することは必要だけれど、
頑張る必要はない。

自分の好きなことをする。
自分がしていることを好きになる。
自分の本質に合ったことをする。

そうすれば、無理をすることもない。
全てが上手く流れ始める。

自分が頑張っていると感じる時、
無理しているなと感じる時、
それは自分を見つめなおすべき時なのかもしれません。

何のために頑張っているのか。
それは本当に自分がしたいことなのか。
自分が欲しいものなのか。
どうしても必要なものなのか。

私達はずっと頑張り続けることなど出来ないのです。
無理をして頑張り続けたら、
どこかで壊れてしまう。

そうなる前に、手放してしまいましょう。
自分が本当に求めるものでないのなら、
手放してしまいましょう。

手放して心が楽になるのなら、
ほっとするのなら、
それは本当に必要なものではないのです。

無理をしてまで手に入れたいものって一体何なのですか?
それがなければ幸せではないのですか?
どうしても、手放せないものですか?
関連記事
  •   21, 2008 13:10
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment