Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

英検1級問題を解いてみました 

時間のゆとりがちょっと出来たので、久しぶりに英検1級の問題を解いてみました。
英検協会のHPより、2016年度第1回の試験です。
いやぁ、久しぶりに英検1級の長文読みましたが、やっぱり「難しい!」と思いました。
これが楽々と読める日はきっと来ないと思います。
TOEICの長文の方がよっぽど読みやすい。
やはり内容が結構アカデミックなので、読んでいてスラスラとは頭に入って来ないです。
背景の知識もないですしね。
これを読んで設問に正解するには、英語力はもちろんですが、それプラス「論理的に読む」スキルが必要と思います。
この両方が必要ではないでしょうか。

1級の長文をさらっと読んでさらっと問題が解けるという人はそう多くないと思います。
大抵はどこかでつまずくと思うし、何度も読み直したり、頭を抱えたりしながら、なんとか正解する感じじゃないでしょうか?
「これをさらっと読めないのは自分の英語力が足りないから」、とあまり自分に厳しくしない方がいいんじゃないかと思います。
そうするとやる気なくなりそうだわ(笑)

私も読んでいてわからない単語にも出会うし、内容がすっと入って来ないこともある。
それでも、何度も読み返したり、前後の文脈から単語の意味を推測してみたり、試行錯誤しつつ正解にたどり着く感じです。

さて、問題解いてみた結果がどうだったかというと、セクションごとにまとめてみるとこんな感じ。
左が正解数、右が問題数です。

リーディング
Part 1 語彙問題 19/25
Part 2 長文穴埋め 6/6
Part 3 長文読解 9/10
エッセイはスキップ

リスニング
Part 1 9/10
Part 2 8/10
Part 3 4/5
Part 4 1/2

合格圏内に入れているかな?
ただ、長文読解に時間かかってしまったので、エッセイに割ける時間が減りそうな感じです。
20分位でエッセイ書かなきゃいけない。大丈夫?
やっぱり、時間配分も大事ですね。

試験合格のためには、試験問題に慣れておくも大切です。
実力勝負だけで試験準備なしに合格するのは難しいかと思います。
なのでやはり、多少の慣れや戦略も必要かと思います。
TOEICでも同じですが、英語力+試験対策ですね。
TOEICと英検ではアプローチの方法が違うので、それぞれに解き方のコツは変わってくるかと思います。
しかし、基本となる英語力はどちらも一緒。
なので、やはり普段からコツコツ勉強を続けていくことは大事ですね。

ちなみに、今回の結果、私にしては語彙問題の点数が高かったのがちょっと嬉しい。
単語問題ほんとに苦手で、毎回けっこう酷い点数なもので、何気に嬉しかったりして。
勘で当たってるだけの問題もあるので、果たして本当に語彙力が上がっているのかどうかはわかりませんが、最近地道に語彙力アップに努めているので、その成果だったら嬉しいな♪

こちらの本で地味に勉強中。
これで覚えた単語も出てきたぞ!




学習効率を考えれば英検1級の単語本で覚える方が良いと思うのですが、こっちの方が読んでて面白いのと、単語の理解は深まりそうな気がするので、時間かかりますがちびちび読み進めてます。
読み終わるはいつの日か~、って感じなんですが(笑)
でも、面白いから、まぁいいか!



関連記事

Comment

Add your comment