Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

15 Minutes to Your Best Self

お盆ですね。皆さん帰省中でしょうか?
私は実家暮らしなので帰省はありませんが、お墓参りには行ってまいりました。
そしてうちは姉が早めに帰省していたので、ちょっと前に皆で叔母の家に遊びに行ってきました。
従姉妹たちとその子供達も来てかなり賑やか。
たまにこうやって親戚で集まるのもいいものですね。

大学夏休みで毎日ヒマになるかと思っていたら、結局何だかんだと予定が入り、あんまりのんびりしている気がしません(笑)
家にいる時間は長くなっているはずなんですけどね・・・。
秋からまた忙しくなるので、今のうちに出来ることをしとこう!と思って色々していると、結局なんか忙しいような・・・。
まぁ、いっか、その方が退屈しないし(笑)

夏休み中に本を読むぞ~と思って読書中ですが、これも意外と進まない。
ちびちび読んでるからダメなんですけど。
三島由紀夫の『金閣寺』は久しぶりの日本語小説です。



さすが、という感じで、グイグイ引き込まれます。
何とも独特の世界が描かれている。これが三島由紀夫の世界かぁと思いながら読んでます。
しかし結構難解なところもあり、読んでいてよくわからないことも(笑)
これ、Book Clubの次の課題本なんですが、他の参加者たちはこれを英語で読んでいるわけです。



私は原書の日本語で読んでいますが、読みながら「これどういう風に英訳されるんだろう?」と思います。
これを訳す翻訳者さんはすごいなぁと思います。
私には無理ですねぇ。まず、日本語で読んでも所々で作者の意図がわからない時がある。
理解できないものを訳せるはずもない。しかも文学作品としての完成度も求められるわけで・・・。
まぁ、後100年かかっても私には出来ないな(笑)

おそらく一度読んだだけで理解できる程に薄っぺらい作品ではないと思うので、何度か読み返してみたり、日本語版と英訳版の両方で読み返してみたりすると面白いだろうなと思います。
でも、そこまで出来るか?!たぶん出来ない(笑)


『金閣寺』が重い作品なので、それとバランスとる感じで英語の本は軽いものを読んでいます。



洋雑誌のミニコーナーをまとめたもの。
題して、『15 Minutes to Your Best Self』。
より美しくヘルシーでハッピーな自分になるために出来るちょっとした事(15分以下で!)。
短い記事ばっかり集めたものなので、ちょっとした隙間時間に読めるのが嬉しい。
そして、リアルライフで使えそうな表現がわんさか出てくるので、ボキャビルにも良い。
これって英語で何て言うんだっけ?という表現が色々出てきます。
例えば、Healthの話で、body-mass index(BMI)「体脂肪指標」、lump「しこり」、lymphatic vessel「リンパ管」、gynecologist「婦人科」等々。
それからhit the sackで「床に就く」というような、ちょっとスラングっぽい表現が出てきたり。
英語の小説読むよりも、こういうLife Style Magazineの記事を読む方が実用的な単語や表現に出会えそうです。
もともとこういう記事読むの好きだし♪

毎日15分でBest Self(最良の自分)になれるなら、ちょっと試してみようかしら?と単純に思えて、いい気分になれます。
そして、canker sore(口内炎)の治し方、とか、「アメリカ人はそうするのかぁ」という発見も面白かったりして。
しかし、ここに書かれている事を全部実行したら、一日15分どころじゃないなぁ(笑)

でも、お気楽に読めて英語の語彙も増やせて、美容にも効きそう。
TimeやEconomistとかの難しい記事読むのもいいですが、こういう記事読むのも楽しくていいわ。
生徒さん達にもよく言いますが、しんどい勉強ばっかじゃなくて楽しい勉強も大切。
そうやってバランス取っていきつつモチベーションを維持し、英語力をアップさせて行くのです。
苦行ばっかじゃ嫌でしょ?(私は嫌です)

そして、意外とこういう勉強が、TOEICのスコアアップにつながったりするのです。
TOEIC攻略本使わないTOEIC学習もある。
またそのうち、そんな話も書けたらと思います。
TOEIC特化せずにTOEICスコアを上げる勉強方法。

では、今日はこの辺で。
皆さま、良いお盆休みをお過ごし下さいね^^



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?