Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

Is stress really bad for you?

先日ご紹介したケリー・マクゴニガルさんの本。
一読しただけではピンと来ない部分もあるので、今読み返しているところです。







こういう本は2・3回位読み返した方が内容が自分の中にちゃんと落とし込める気がするのですよね。
そしてここに書かれている「意志力の実験」を実際にやってみる。
何事もそうですが、やってみないことには身につかない。
読んだだけじゃだめなのです。


例えば、実験1「自分の選択を振り返ってみる」。
一日の終わりに、その日自分が行った選択を振り返ってみます。
何についてでもいいです。
朝起きてテレビをつけた?それとも英語のCDを聴いたか。
移動中の電車では何をしたか。
居眠りしてた?スマホでゲームしてた?本を読んでいた?


小さな選択も含めると、人って一日の中でものすごくたくさんの選択をしています。
そのたくさんの選択が今の自分を形作っているのですが、多くの選択は無意識でなされている。
こうやって敢えて振り返ってみることで、自分の無意識の選択に気付かされ、より意識的な選択が出来るようになる。
で、ちょっとずつ「なりたい自分になるための選択」が出来るようになっていくわけです。
朝起きて何気なくテレビつける代わりに英語の音読でもしよか、って感じで。


ちっちゃなことだと思いますが、そういう自分の中の「小さな変化」に気付いていくことが大切じゃないかな。
それが未来の自分につながっていく。


ちなみにこの本では「ストレスは意志力の敵」というように書かれていますが、この点はケリーさん考え方が進化したようで、最近では「ストレスを味方につける」ことを提唱してらっしゃいます。







結局は「ストレスは良くない」という思い込みが問題なのだということ。
捉え方を変えれば結果も変わる。
ストレスのない人生なんてないわけだから、要はそのストレスとどう付き合うかなのです。
こっちの本も面白そうなので、また読んでみたいなぁと思います。


ちなみに音読教材としてお勧めしているCNN Expressのこちらの本では、上に紹介した2冊の本のメインポイントだけをまとめている内容になっています。





前半のインタビューのセクションは、スピードも速く音読には向いていません。
ナチュラルスピードの英語を聞き取る練習と考えて、後半からのワークショップ・セクションを使って音読練習するといいんじゃないかなと思います。
CDもついてますし、英文と日本語訳もついてるから、英語学習しながら彼女の提唱する「なりたい自分になる」秘訣が学べていいんじゃないかなと思います。
で、もっと詳しく知りたいという方は本を購入してみるといいかも!


どの本も、「買っただけ」「読んだだけ」では結果につながらないので、是非実践してみましょう。
意志力を鍛える実践、音読して英語力を鍛える実践。
そうして初めてなりたい自分に近付いていける。


上手く出来ない自分にイラッとすることもあるかもしれませんが、そのストレスも「これが力に変わるんだ」と思えばきっと乗り越えられそうですね。


関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?