Lady Green English Salon

大学・企業研修講師LadyGreenのブログ。英語学習歴20年以上。留学経験なし。日本にいようが海外にいようが、英語力は伸ばせるはず。そう信じて今も学習中。Enjoy learing English and broaden your horizons!

留学せずに英会話力を上げる

先日の記事の続きです。
留学せずにどうやって英語のスピーキング力を上げるか。

留学して勉強する場合と比べてみて、日本で英語力を上げようと考えた場合、デメリットとなるのはやはり「英語環境がない」ということ。
インプット、アウトプット共に英語に触れる機会は格段に少ない。
もちろんこれは日本でどういう生活を送っているかによって変わってきますから、周りに外国人がたくさんいたり、仕事で英語を使う必要性があったり、という状況があれば、英語環境は変わってきます。
しかし、比較的英語を使う環境にあったとしても、やはり海外で生活することに比べると使用頻度は落ちると思います。
これは致し方ないですね。

留学せずに英語力を上げようと思ったら、このデメリットをどう克服するかが重要になってきます。
しかし、日本にいながら海外で生活するのと同じような英語環境を作り出していくというのは正直難しい。
「英語をシャワーのように浴びる」というのは、日本ではなかなか出来ません。

じゃあ、どうしたらいいのか?

量をたくさん確保できないなら、その分質を上げればいい。


これは、日本で英語を勉強する上で、結構大事なポイントじゃないかと思います。
やる内容をある程度しぼる、ポイントをしぼる。
そして、そのポイントに関してはしっかり使えるようにしていく。
その方が、闇雲に色んなことを勉強していくよりも効率がいい。

ポイント絞り込むやり方は特にスピーキング力アップに効果があると思います。
日本で英語を勉強してきている人は、知識が豊富な人が多いのですが、「実際に使うこと」は苦手。
実践力に欠けていることが多い。
難しい英文を読めても、いざ話してみようとすると、初歩的な文法がちゃんと使えなかったりする。
分詞構文とか仮定法とか関係代名詞とか、文法はよく知っていても、会話となると基本の3時制(過去・現在・未来)が使えなかったり、主語と動詞の一致(3単現とかですね)が出来ない。

でも、スピーキング練習する際にあれもこれも一度にちゃんとしようと思うと、結局どれも中半端になってしまったりするので、ポイントを絞って練習するんです。
まずは、主語・動詞の一致に気を付けよう、次は時制に気を付けよう、現在完了形の使い方をちゃんとしよう、といった具合です。

日本にいて英語を話す時間というのは非常に限られています。
その限られた時間、貴重な時間を、何気なく使って終わってしまうのはもったいない。
もっと意識的に、戦略的に、その時間を使うのです。
自分が苦手だと思う文法、使えるようになりたいという思う構文は、意識的にどんどん使っていきます。
そうすると段々と定着していきます。
定着したら、次からは意識しなくても使えるようになってきます。
そしたら、次はまた別の文法、構文を攻略していくのです。

スピーキング練習にも色々ありますが、一人で出来るものと相手が必要なものがありますね。
最終的には相手がいる会話の中でちゃんと話せるということが目標なわけですが、それが出来るようになるためにも、まずは一人練習。
一日の最後に今日の出来事を英語で言ってみる、日記をつけるのもいい。
テキストを使った音読もスピーキングの練習になります。
これも、何も考えずに練習するのではなく、時制や構文など意識しながら、自分で応用できるようにと考えてやるといい。
そういう日頃の練習があった上で、いざ誰かと英語で話すとなった時に、練習の成果を発揮する。

こんな風に書くとなんかまどろっこしい感じがしますか?
とにかく一杯話せばいいんじゃないの?と思います?
おそらく、ある一定のレベルまではそれでも到達できるかもしれません。
でも、伝わる英語、綺麗な英語を目指すなら、こういう地道なプロセスは必要だと思います
そういう努力を積み重ねてきたからこそ今の自分の英語力があると思っています。

先日オンラインレッスンの生徒さんが、「先生のブログを読んでいると、なんだか軽々と結果を出しているように見える」とおっしゃられていました。
いえ、いえ、とんでもない。決して私、「努力なんてしなくても出来ちゃうのよね」という天才肌の人間ではありません。
ただ、これは自分の美意識なのかもしれませんが、「汗と涙と根性」というのをあまり表に出したくないのです。
出来れば爽やかに達成したい(笑)その方か格好いいじゃない(笑)

ここまで来るのにたくさんの苦労もあり、葛藤もあり、紆余曲折もあり、努力もあり。
(そして今もまだ、道の途中なのですが。)

あんまり泥臭く苦労話を書きたくないのですが、そういう自分の経験を書くことが、同じように日本で勉強して英語力を上げたいと奮闘されている方の励みになるなら、私の体験談ももっと書いていこうかなと思います。
あまり汗臭くならないように(笑)

また読んで頂けると幸いです。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?