Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

進路相談

大学の夏休みももうすぐ終わり。なんだかちょっぴりブルーな気分。
しかし、私以上に学生たちはもっとブルーな気分なんだろうな(笑)
後期から新しいクラスも受け持つことになり、担当教授と色々とメールでやりとりしたりしていますが、
思ってた以上にちょっと大変かも?な感じです。
ま、結局始まってみないことにはわからないことが多いんですけどね。

別件でまた違う大学でTOEIC講座の短期コースを教える話があったり
なんやかんやと秋からの予定が入っており
もう夏休み気分ではいられないなぁといった感じです。
「案ずるより産むが易し」とも思うんですが、意外と気が小さく心配性なもんで
始まる前がストレスだったりするんですよね・・・。

翻訳の学校もまた10月から復学予定。
先日、スクールのサマーコースに参加したついでに事務局の方に今後の相談をしてきました。


本科3のクラスからは日英、英日どちらかだけの片側受講も可能なので
仕事のこともあるし(予算のことも 笑)今回はどちらか一方にしておこうと思っています。
で、和訳をやるか、英訳をやるか。
苦手を克服するか得意を伸ばすか、ということなんですが、
私としては「英訳の方がまだ何とかなるんじゃないか」とも思っていて
どっちか一方にするなら英訳がいいかなぁ~と。
「仕事に出来るレベルに到達する」ことを考えたら、まだ英訳の方が可能性がある気がして。
そんな風に相談したところ、やはり事務局の方も同じ意見のようでした。
実際、和訳の案件よりも英訳の案件の方が多いようで、英訳の力をつけるのは必須とのこと。
正直、私も英日翻訳の方は次にレベル4に上がれる自信はない。
日英は上がれるかというと、これもわかりませんが、頑張れば行けるかもという希望が持てます。

ということで、しばらく英訳一本にしぼって勉強していこうかなと。

しかし、やっぱりまだ道のりは遠いのかなぁという気もしますし、
ホントにこれでやってけるのかしら・・・という不安も。
それでもこの道に惹かれるのは、やっぱり英語が好きという気持ちと、翻訳やりたいという気持ちと、
たぶんこの世界への憧れもあるのでしょうか。
そして、チャレンジングな道だからこそ挑戦してみたいという気持ち。

大学休みで時間のゆとりがあると、その余った時間で色々なことを考え、
人って暇だといらんこと考えるよなぁなんて思うんですが(笑)
私の場合、時間が余るとつい病気治療中の時のことを考えてしまいます。
仕事をしていない時=病気療養中の時、という図式が自分の中に出来上がってるんでしょうね。
あの時に感じた色んな気持ちが蘇ってきて、自分の中に渦巻いてくる。
で、そんな時なぜか「やっぱり翻訳やりたい」と思うのです。
何故そう思うのか自分でもよくわかりませんが、たぶん、訳すべき文書が目の前にあれば
それ以外のことを忘れられるのかもしれません。
治療中もとにかく本を読んでいましたからね。
それがあると、明日を生きる目的になる。
没頭できる何かが必要なんだろうな、きっと。

講師の仕事も大好きなので、これも出来る限り続けたいと思うのですが、
この先まだ長く生きると考えてどんな自分になっていきたいかと考えると
やっぱり翻訳する人になっていきたいんじゃないかと思います。
もしまた再発したら、と考えても、外に教えに行くのが無理でも家で翻訳ならまだ出来る、と思うのです。

今まだ元気に学校に通えるうちに勉強して、スキルを磨いて、これをモノにしていけたらなと思います。
でも、元気に外に出れるうちは、外に出て仕事したいとも思うので
しばらくは2足のわらじになるかと思いますが。

まだまだどうなるかわかりませんが、やはり自分が目指したいのはこの方向ではないかなと思っているので
道は険しそうですが出来る事やってみようと思います。
頑張りすぎて体壊さないようにしなきゃね(笑)
そして、焦らない。
まだ時間はあるから、仕事しながらちょっとづつ力を伸ばして、いつか花開かせていきたいです。
目標があれば、頑張れるし。

スクールの帰り、紀伊國屋でDVDセールがやってたので、つい買ってしまった映画。
これ見ると何だか元気がもらえる気がします。
私も彼女みたいに自分のパッションに従って、信念に従って、強く生きれたらいいなと思います。
楽じゃないけどね。





関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?