Lady Green English Salon

大学・企業研修講師LadyGreenのブログ。英語学習歴20年以上。留学経験なし。日本にいようが海外にいようが、英語力は伸ばせるはず。そう信じて今も学習中。Enjoy learing English and broaden your horizons!

Follow Your Heart

ダンススクールの発表会ですが、猛練習の甲斐あって無事に成功に終わりました♪
比較的小さめの会場で、全部で80席位でしたが、ちょっと立ち見が出る位の満員御礼。
私は2曲躍らせて頂きましたが、大きなミスなく無事に踊れました。
ま、上手に踊れたかどうかは定かではありませんが・・・。
私の友人も何人か見に来てくれたのですが、3年前の初舞台を見に来てくれた友人は
「上手になってたよ!」と言ってくれたので、素直に受け取って喜んでおこうと思います。

最初にチャチャチャを練習し始めた時には、何度練習してもリズムが取れず
「この曲は自分には難しすぎるのでは?」と思い、発表会で踊るのは諦めようかとも思っていました。
これまでは割とアップテンポの激しめの曲が多く、ノリでごまかしているようなところがあったのですが
今回の新曲はちょっとスローテンポ。
下手なのが丸わかり(笑)
ちょっとでもマシに踊れるようにとギリギリまで修正に励みました。
先生の踊りの動画を何度も見て、自分の踊りの動画も何度も見て研究。
「ここもっと腕伸ばした方が綺麗だな」とか、「ちょっとテンポがずれてる」とか
「ターンの時に俯く癖がある」とか。
そういうことをちょっとずつちょっとずつ修正していく。
ま、わかっちゃいるけど出来ないということも多いのだけれど。

ダンスの時の姿勢って自分の普段の姿勢が出るものなので、
整骨院の先生にも相談して、ひざを伸ばすストレッチや背中の筋肉を柔らかくする運動など教えてもらい
日々こまめに実践していました。
ダンスも英語と一緒で、「日々のちょっとした練習の積み重ね」。
急には上手くならないので、毎日ちょっとでも練習することですね。
特に発表会前にはストレッチする回数も意識的に多めにしてみたところ
肩こりもいつもよりに楽になりました。
やっぱりこまめな努力が大切!

ショー当日は朝から会場でリハーサル。
お昼過ぎから開演して夕方くらいまで続き、帰るころにはもう日が落ちていました。
ダンス仲間たちと一杯飲んで帰りましたが、終演後の開放感ったら!

今回スクール生だけでなくゲストのダンサーやミュージシャンの方たちもいらっしゃったんですが
それも見応えあって、舞台の袖から見させてもらいました。
ポールダンスのお姉さんのパフォーマンスは圧巻!
もっとエロイものを想像していたんですが、なんともアクロバティックで恰好良かったです。

盛りだくさんなショーだったので、見に来てくれた友人たちも楽しんでくれたよう。

とにかく無事に終わり、私も全力で頑張ったので満足です。
これでしばらくはまたのんびりモードに戻る予定。
実はこれを機に引退も考えたんですが、せっかくちょっと上達したので
ゆるゆるとでいいので続けていこうかなと思っています。

ダンスでも英語でも、上達しようと思ったら大切なことって共通しているなぁと改めて思います。
自分には大した才能はないと思っているので、「日々の小さな努力の積み重ね」ですね。
そして、自分の良いとこ悪いとこを客観的に自己分析して直していく。
時には誰かに見てもらってアドバイスしてもらう。
自分に厳しくしすぎずに、自分の良いところも認めてあげる。
それでいて調子に乗らずに謙虚に練習する。

発表会終わったので、これからは翻訳の勉強にもっと力を注ごうと思います。
取り組む時のスタンスは、ダンスと同じですね。
急に上手になりはしないので、じわじわと力つけていこうと思います。
仕事も徐々に忙しくなっていくので、上手にペース配分しながら色んなことこなしていけたらと思います。

色々と大変なこともありますが、日々充実して過ごしています。
ふとした瞬間に「あぁ、幸せだなぁ~」と思うことが多いです。
ほんとに、何気ない時にそう思います。
再発の不安から解放されたのも大きいかもしれません。
7年間ずっと飲んでいたお薬、最後の一粒を飲む時何とも言えない気持ちになりました。
あぁ、これでようやく終わりなんだなぁ、と。
これで一区切り、人生の新しいステージが始まるかのような気分。

再発した時は覚悟しましたが、今は自分にもまだまだ時間が残されているのかもと思えるようになりました。
やりたい事はたくさんあるから、これからも好きな事を追求して、やりたい事にチャレンジし
日々を大切に心豊かに過ごしていきたい。
何気ない瞬間に「幸せだなぁ」と感じられるようでありたい。
それでいて守りに入らないアグレッシブさを持っていたい。
そして、そんな幸せな瞬間をたくさんの人と分かち合っていきたい。

Follow your heartで生きたいです。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?