Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Final Test の結果 

先週受けたFinal Test、結果はまだ返ってこないだろうとのんびり構えていたら、予想外に返ってきました。
先生、仕事が速い!(笑)

テストの採点はクラス担当の講師とは別の講師がするとのこと。
そうすることで、評価が偏らないようにしているのでしょうね。

試験受けた時の感触としては、正直手ごたえがあったのかなかったのか、よくわからない微妙な感じ・・・。
時間ギリギリで仕上げたので、本当はもうちょっと余裕持って仕上げて、最後一通り見直しとかしたかったのですが、ま、それも実力のうちですから仕方ないですね。
ベストは尽くしたし。
レベル1でもレベル2でも、英訳の試験ではB+の評価をもらえていたので、それ位の評価が出れば万歳。
しかしやっぱりクラスが上がる程に難しくもなるので、そうはいかないかな、Bもらえたらいいかな、と思っていました。

で、結果はどうだったのかと言うと、B-。
うーん、ちょっと残念な気も・・・。
しかし、CではなくB取れただけ良かったのかとも思います。
レベル3になったら、そう甘くないですもんね。

講師とのカウンセリングで言われた事と、今回のテストの結果を踏まえて考えると、
次の進級は何とか大丈夫かなぁという気がします。
しかし、上のクラスに行けばいく程、難しさも感じるようになり
「大丈夫かな、これでやってけるかな」という不安も出てきます。
もうちょっと時間かけて課題に取り組まないとダメなんじゃないかなぁ、とか。
次は仕事もうちょっと減らした方がええやろか?とか。

しかし、今回レベル3受講に際しても、企業研修の仕事減らして、と思っていたのに結局引き受けて、
ダメなら来期に授業回そうと思いながら取り組んで結局ここまで来れたわけです。
私の場合、結構「ただの取り越し苦労」のことも多い。
勉強に集中する=力がつく、という考え方もあるだろうけれど、
仕事したり趣味の時間持ったりすることで適度に気分転換できで、かえってパフォーマンスが上がることも考えられる。
根詰めすぎるのも良くないかもしれない。
仕事して収入得られるからこそ、安心して勉強に取り組めるっていうのもあるし。

やっぱりあんまり肩ひじ張りすぎるのも良くないかなという気がするので、
これまで通り、色々やりながら行くのがいいかもしれませんね。

大学で教える内容や、企業研修で教える内容の中から、
翻訳に生かせる学びや気付きがあったりするのもまた事実だったりします。
自分の気持ち次第で、どんなところからも学びや発見があるもの。
勉強を「学校の授業の中」だけに限定して考えない方がいいとも思います。
課題文に取り組んでいて行き詰った時に、自分の頭でどんなに考えても分からない事が、
そこから少し離れたところで答えが見つかるなんてこともあるだろう。
洋書読んでたりして、「あっ」なんてこともあるしね(笑)

ただ、そろそろ本気で「翻訳をどう仕事にしていくか」を考えなきゃいけないかなという気もしています。
人生プラン、キャリアプランを考え直さなきゃ。
どうしましょ~。

さて、気晴らしにエンターテイメントで読んでいる洋書。
もうすぐ読み終わりそうです。
中盤辺りから面白くなってきて、結構楽しく読めています。
新しい一歩を踏み出そうともがいている主人公に共感できます。



時に人は過去に埋没して歩みを止めてしまうことがある。
でも、人生はまだ続いている。
目の前には新しい人生が開いている。
自分の心次第で、新しい可能性を開いていくことが出来る。
新しい恋をして、仕事をして、そして幸せになっていいんだよ。
でも、どうしてか、人は自分が幸せになることを自ら拒んでしまう時がある。
Just allow yourself to be happy.
Give yourself a permission.
自分が幸せになることを許す。
幸せになる勇気が必要。
あ、なんかアドラー心理学みたい(笑)

大学休暇中、色々と本読んでみようかなと思っています。
これも英語の勉強になるし。
以前よりも洋書読むのが楽になってきていることを実感しています。
やっぱり慣れも大切ですね。





関連記事

Comment

Add your comment