Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

読書三昧 

大学の授業がないとホント暇だわ~と思います。
まぁ、企業研修はあるし、翻訳の課題もあるし、何気にすることはあるんですが
一度忙しいのに慣れると、何だかすごく暇な気がしちゃいます。
やっぱり私はワーカホリックなのでしょうか(笑)
逆にゆったりペースに慣れると、今度忙しくなった時にしんどいんじゃないかとか思っちゃいますが。

せっかくちょっとゆとりがあるので、何かしたいなぁと思うのですが
仕事の予定とかぶってしまってダンスも行けてないんですよね。
体動かさないので、これも非常に寂しいです。
あ~踊りたーい!!!と思います。

で、その代わり、この機会にいっぱい本を読もう!と、今月来月は読書月間にしようかなぁとか思っています。
とりあえず、先日の記事にも書いたAfter Youを読み終えました。



これ、なかなか良かったですよ。
Me Before Youも好きでしたが、こちらも好きです。
全く別の物語として楽しめます。
前作に強い思い入れのある人は、ちょっと抵抗を感じるかもしれませんが
割り切って読むといいんじゃないかしら。

Me Before Youを読んだ時に、感動的に終わっているけど、
その後のLouの人生はなかなか辛いものがあるだろうなぁとすごく現実的なことも感じていたので
綺麗ごとではないリアルなその後に、私はかえって共感できました。
喪失感をどう乗り越えるか、ということが一番のテーマだったんじゃないでしょうか。
Louだけでなく、他の登場人物たちも皆そう。
Me Before Youは、誰にでも起こるような出来事じゃないので
共感することが難しい部分もあると思うのですが
こちらは「大切な人を失った後、どう次の一歩を踏み出していくか」という
ある意味誰もが直面するテーマだったんじゃないでしょうか。
両方合わせて読むのがやっぱり一番いいかな。



次の洋書はまだ決まってませんが、Kazuo Ishiguro読もうかなぁとか、色々と検討中。



洋書ばかりでなく、日本語の本も読みたいなぁと思って、図書館で借りて読んでいるのが「阪急電車」。



確かこれ映画にもなってましたっけ?
短編集なんですが、何気にそれぞれの話がつながってるんですね。
2編ほど読みましたが、なかなか面白いです。
阪急電車っていうのがローカルでいいわ。
こういう軽い恋愛小説、久しぶりに読む気がします。
たまには日本語の小説もいいですね。
日本語力もたまには磨いておかなくちゃだし。

そして、久しぶりに再読したいなぁと思っているのが、遠藤周作の「沈黙」。



ちっとも知らなかったんですが、これも映画になったんですね!
しかもマーティン・スコセッシ監督だとか。
学生時代に読んですごく衝撃を受けた作品なので、今読み返すとどう感じるのか興味があります。
そして、この作品を外国人がどう感じるのか、どう解釈するのかも興味あるところ。

読みたい作品がたくさんあって、嬉しいけど、どんだけ読めるかしら?といった感じ。
大学スタートしたら、またあんまり本読めなくなると思うので
読める時に読み溜めしときたいんですけどねぇ~。
今年は洋書、せめて合計5冊位は読みたい。
去年はホント、ほとんど読めなかったので。

ということで、しばらく読書三昧したいなぁと思っています。



関連記事

Comment

Add your comment