Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

3月TOEICの結果

  03, 2017 15:55
先月に受けたTOEICの結果が出ました!
結果出るの来週位かなぁとのんびりしてたんですが、TOEIC SQUAREから結果出ましたメールが。
で、さっそく、オンラインにて結果を確認してきました~♪
受験後の感触は決して悪い感じではなく、かと言って自信満々というわけでもなく
これまでと大きくは変わらない感触です。
もはや満点は無理だろうと諦めているので、希望は900点台の後半で少しでも高いスコア。
「最低でも950点は切ってませんように!」と願いながら、一応ちょっとドキドキしながら結果をクリック。

結果は・・・

980点!!!

これはかなり満足なスコアです~!!!

リスニング495点
リーディング485点
合計で980点

これまでのスコア履歴を振りかえってみると、
2008年10月の985点が最高得点で、その後しばらくは900点台の前半。
ここ数年でようやく900点台後半に乗れるようになってきていましたが
リーディングのスコアが安定して高得点を出せるようになってきている一方で
リスニングに波があり、トータルとしてはなかなか結果が出せずにいました。

昨年6月に新TOEICを初受験した際には970点。
これがここ最近での新記録だったのですが、今回2度目の新TOEIC受験で
さらに記録を塗り替えることが出来たのは素直に嬉しいです。
やっぱり2008年の985点はまぐれだったと思っているので
これが自分にとっての最高スコアかなと思います。

英会話スクールで教えていた時には、自分でもTOEICのスコアにこだわっていたし
毎年新年の抱負としてTOEIC満点と言っていたのですが、
スクールを離れ、翻訳の勉強を始め、TOEIC満点にそれほど魅力を感じなくなり
もう満点はいいや~と思いながらも、自分の英語力の確認のためと
TOEIC対策教えている身として実地調査的な感覚で受験してきました。
ま、あわよくばいつか満点をという気持ちはあるんですが(笑)

自分の英語学習としては、翻訳スキル上げるための勉強が中心。
正確な読解力を身に付けること、より自然な英語を書けるようにすること。
そしてリスニング力を落とさないように、音読やシャドーイングを時々。
しかし、音読やシャドーイング、決して毎日はしていないと思います。
気が向いた時にしかしていません。
ただ、TOEIC受験前には意識的にシャドーイングをするようにします。
今回の久しぶりのリスニング満点はその効果もあったかな?

リスニングに関しては、以前は満点を何度も取っていたので
リスニング力がないわけではない。
ただ、リスニングに関しては集中力の問題もあるもので
試験前にある程度トレーニングを入れないと力が落ちるのだと思います。

一方で読解に関しては、翻訳学習を通じて読む力が少しずつ養われてきていたように思います。
翻訳学習を始める前は、いわゆる「精読」があまり出来ていなかったので
なかなかリーディングのスコアが上がりませんでした。
やはり難しめの英文をしっかり精読することは、読解力の向上には不可欠という気がします。
こないだ英検1級の長文問題で良い結果が出せたのも、やはり精読効果があるように思います。

TOEIC満点を取れる日がいつかやって来るのかどうかはわかりませんが
そこを目標として勉強するのではなく、あくまでも英語力を高めた結果として付いてくるものとして
勉強を続けていきたいと思います。
スコアにこだわって勉強すると、私の場合かえってモチベーションが落ちる気がするし
勉強自体も楽しくなくなってきます。
学習時間も、今日は何時間!という風に記録して勉強するとかえって苦痛になります。
それよりも、その時々の自分の感覚や気持ちに従ってやる方が上手くいく。

やる時はやる。
休む時は休む。
無理してやらない。
自分の感性に従ってやる。
人と張り合わない。
結果に一喜一憂しない。
人の評価よりも自分のこだわりを大切にする。
目標は高く。
しかし自分に厳しくしすぎない。
それでいて謙虚に、努力は続ける。

そんな感じで勉強を続けて、その過程で気づくこと学ぶことを大切にして
その気付いたことや学んだことを皆さんとシェアしていけたらと思います。

これからもTOEIC受験は続けていきます。
でも、TOEIC大好きっ子になることはありません。
TOEICにこだわらず、振り回されずに、自分の目指す英語力を身に付けて行く努力を続けていきたい。
同じように感じている方がいらっしゃれば、嬉しいです。
一緒にがんばっていきましょう!



関連記事
  •   03, 2017 15:55
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment