Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

読解力を上げる①

  15, 2017 11:37
いつも言ってることですが、私は語彙力が弱い。
英検1級の単語問題はほとんどわからないです。
しかし、読解問題では満点を取れてしまう。
「何でですか?」と良く聞かれますし、自分でも「何でだろう」と思っていたんですが
最近ようやくその理由がわかってきました。

ということで、ちょっと読解力について思うことを書いてみようかと思います。
以前に書いたことと重複する部分もありますが、よろしければお付き合いくださいませ。

学生達を指導する時にもよく話していることなのですが
長文を読んで意味を解釈する時に大切なことが3つあります。

1.単語力
2.文法力
3.文脈を読む力

この3つがそろうことで読解力が上がっていくと思うのです。
3つが全部そろっていれば一番いいですが、逆に欠けていても他の部分である程度補うことは可能とも思います。
私の場合は語彙が苦手なので、この部分を他の2つで補っているわけです。
とは言え、文中にいくつも知らない単語があれば、やっぱり意味を正確に取るのは難しい。
ですから、ある程度の語彙力は必要ですね。

私の場合、英検1級の長文を読んでいて、知らない単語はもちろん出てきますが
ある程度の語彙力はありますから、そこまでチンプンカンプンになることはあまりないです。
語彙問題で点数を取れないのは、出題される単語の難易度が高いからじゃないかな。
実際、空欄になっている単語以外は大抵は知っている単語。
なので、文章の意味はわかるし、どういう意味の単語を入れればいいのかはわかります。
ただ、それがどの単語なのかがわからない(笑)
でも、長文読解では語彙問題はないですから、文章の意味がわかればいいわけで
それで十分事足りるわけです。

逆によく聞くのが、「知らない単語はひとつもないのに文章の意味がわからない」という声。
もしくは「意味を誤解して取っている」ということもありますね。
これは、前に紹介した本にも書いていることですね。
誤訳する、というやつです。



何でそうなるかと言うと、やっぱり文法や文脈を読むところでつまずいているんじゃないかと思うのです。
単語の意味だけを適当につなげても、正しい意味に解釈することは出来ないもの。
ちゃんと読む力をつけるには、やっぱり文法力、そして話の流れをしっかりつかむ力は必要じゃないでしょうか。
単語力だけで英文が読めるなら、辞書さえ引けばどんな英文も読めるということになっちゃいます。
しかし、そう甘くはないことを、長年英語学習に取り組んできた人は知っていますよね?

語彙力だけでは英語は読めないということ、
逆に多少知らない単語があってもある程度長文を読むことは可能。
特に英検の長文問題は、別に和訳問題があるわけではないので
文章の意味が大体わかり記事全体の主張がわかれば良い。
まぁ、それが難しいとも言えるのでしょうが・・・。

手っ取り早く勉強できるのがやっぱり語彙なので、
つい語彙学習が中心になってしまうのかもしれませんが
長文読解が出来るようになりたいと思えば語彙以外のスキルを伸ばす努力も必要なのです。

その辺りのこと、また時間がある時に書いてみます。

今日はこの辺で!





関連記事
  •   15, 2017 11:37
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment