Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

やっぱり基礎が大切

連休もついに終わり。
仕事に勉強に再スタートです。
って言っても、実は連休中も授業の下準備したりテスト作ったりしてたんですけどね(笑)
オンラインのレッスンもしてたし。

それでも大学の授業がないとかなりゆっくり出来ます。
日帰りで京都や奈良に行ってみたりと、GWしっかり満喫させてもらいました。
なかなかに充実したお休み!

翻訳のクラスは、連休を挟んで先日2回目の授業。
生徒数10名と、翻訳のクラスにしては結構大人数のクラスです。
なので、あまり丁寧に添削してもらったりが出来ないのは残念。
しかし、さすがレベル4、クラスメイトのレベルが高い!
色々と刺激を受けます。私も負けずに頑張らねば~。

担当講師は以前もお世話になったイギリス人講師。
前回の先生のようなフレンドリーで楽しい雰囲気とは違いますが
文法の説明など明確に説明してくれるのは有難い。
文書のタイプによって表現をどう変えるかとか、細かいアドバイスもしてくれるので色々と学ぶことも多い。

正しい英語を書くだけでなく、読みやすい英語、的確な英語を目指して
「商品」として質の高い訳文を出していかないといけない。
ずっと授業を受けて来て、自分なりの翻訳のスタイルのようなものが出来つつあるような気がするので
そこに磨きをかけてクオリティーの高い翻訳が出来るようにしていきたいと思います。

こうやって翻訳の授業で英語を書く練習をしていると、
英文を読む時にも違う視点で読めるようになってきます。
ただ英文の意味を読み取るのではなく、書き手がどういう意図で書いているのか
どんな表現をどこでどういう風に使うのか、どんな文体で書いているのか
そんなことを意識して読むようにもなります。
そして、そういうインプットをまたまた自分の中に取り入れていって
次に訳文を作成する時に生かしていけるかなという風に思います。

ただ、やっぱり相変わらず冠詞が苦手なので、ここはもうちょっと感覚をつかんでいきたいなぁ。

英訳のスキルを上げるためにも、やっぱり読解は大切。
ちゃんと読めるようにしていくことで、アウトプットにもつながっていく。
なので色んな英語を読むようにも心がけていきたいところ。

前にも紹介した英文解釈の本、新装版が出ているよう。
本屋さんで見つけました。
まだ買ってないんだけど、読解の勉強に良さそうなので、そのうち買いたい。



受験英語と翻訳に求められる英語とは違うんだけれど、基礎になっているのは同じ英語。
まずはベースになる英語がしっかり出来てないと、和訳も英訳もしっかりとは出来ない。
自分の英語力が上がれば上がる程、改めて「基礎って大切」ということを痛感します。
だからこそ、学生達に教える時も、基本をちゃんと身に付けて欲しいなぁと思っています。
そうして基本を見直すことが自分の英語力の底上げにもなります。

そうやって自分のスキルを上げながら、生徒達の力も上げてあげれるようにと思っています。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?