Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

レベル4の向こうには 

先日、翻訳スクールにてスタッフさんに今後の相談させてもらってきました。
今までは、まずは次のレベルに上がることを目指して勉強してきましたが、
今やレベル4に到達し、さて次はどんなコースになってるのかしら?と。

最近クラスメイト達とも「この後ってどうなってるの?」なんて話をすることも多く
もう少しビジョンをはっきりさせておきたいなと思っていたのです。

実は以前レベル2受講後にもカウンセリング受けたのですが
その時は「英訳か和訳かどちらのクラスを受講するか」という話で
まだ仕事に出来るのは先の話、レベル4の後の話なんてほとんどせず。
しかし、その時に自分が英語の講師をしていると話をしたら
「うちでも企業研修などしてますから、いつかよろしくお願いしますね」なんて話も。

そんなこともあったので、翻訳とか講師とか、これからの仕事の展開の仕方を考えておきたいなぁと。
で、そのためにも、どういうシステムになってるのか確認しとこうと
ちょっと突っ込んだ話を聞いてきました。

で、結論としては、「そう甘くはない」といったところでしょうか。

翻訳のトライアルテストを受けるには、レベル4を卒業(Pass)できないとだめなのですが
これがやっぱり一筋縄ではいかなさそうです。
私は運よくここまで順当に進んでこれましたが、
さすがにやっぱりレベル4は難しそう。
1回でパスする人がいなくもないでしょうが、これは再履修の可能性もあるなぁ。
また、お金がかかるぞ(笑)

「うちのトライアルは他社さんよりも厳しめ」ということで
「力試しに他のことろでトライアル受けてみるのもいいですよ」とアドバイスもらいました。
それもありやね。

ま、やるだけやって、どういう結果が出るか見てみよう。
やってみなきゃわからないことも多いし、ダメならダメで他の方法を考える。
自分の中で明確になっているのは「講師の仕事は続けつつ翻訳の仕事をスタートする」こと。
どういうプロセスでそこに到達するかは重要ではない。
チェッカー経由してみるのもありだろうし、卒業できるまで通い続けるのもありだし
他社でトライアル受けてみるのもあり。
トライアル合格したからって仕事が絶対あるという保証もないわけだから
その辺あまり夢を抱きすぎずに現実的に考えて
焦らずじっくり着々とやっていければいいなぁと思っています。

なんにしろ、こうやって目標持って努力していけることが嬉しいし楽しい。
まだまだ勉強して実力つけていって、仕事に生かしていこ~うと思います。
フリーランスって不安定な立場ですが、でもこうして自分で考えて行動して
自分で進む道を決めて行けるのは嬉しい。
がんばろう!という気持ちになれます。

人生順風満帆とは行きませんし、悩みも尽きませんが
それでもやっぱり自分は幸せやなと思います。
好きな事、やりたい事をやっているから、満足度は高い。
それに、人と比べることをやめたら、自分軸で幸せ測れるのでハッピーを感じやすい。

翻訳の課題に取り組みながら、「あ~幸せ~。やっぱ翻訳の仕事したいなぁ」と思いました。
なので、がんばって勉強していこうと思います。

ところで、新しいブログわたしの英語学習法ぼちぼち更新しております。
スマホで更新できるので便利です。
これまた楽しみながら書いていこうと思っています。
こちらのブログから見に来てくれた人がたくさんいるようで、嬉しいです。

読んで下さる皆さんのおかげで、細々ながらもブログを続けられています。
新しいブログも出来るだけ続けて行けたらと思います。

これからもどうぞよろしくお願い致します。




関連記事

Comment

Name - Shira  

Title - 質・量

こんにちは。

通訳の場合、現場に出てまず感じたのが
「時間が長い…」
ということでした。

授業が2時間として、通訳をしている正味時間はその半分くらいでしょうか。そして、5人のクラスなら1人の持ち分は 1/5 です。

翻訳もきっとそうだろうと思います。商売にするなら1つの仕事が何十枚になる可能性もあり、授業では扱わなかった未知の世界かもしれません。
2017.06.06 Tue 18:31
Edit | Reply |  

Name - Lady Green  

Title - Re: 質・量

Shiraさん

実際に仕事にするとなると、また事情が色々と変わってきますね。
分量も納期も内容も色々でしょうし。
授業の課題に取り組みながら、自分の翻訳スピードも記録しています。
分野によってもスピード変わりますね。
どれ位時間がかかるのか把握できないと、仕事としてやっていけるのかどうかもわからない。
でも、意外と所要時間計っていない人も多いようです。

2017.06.06 Tue 21:54
Edit | Reply |  

Add your comment