Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

aとtheの物語 

日本人にとっての最大の難関ではないかと思うのが冠詞の使い分け。
aとtheの使い分けは私も未だによくわからない。
この感覚はネイティブでないとわからないんじゃないかと思います。
翻訳チェッカーのセミナーに参加した際も、「aとtheは日本人は触らない方がいい」と言われた位です。
もはや100%理解しようなどと思わない方がいいのだろうと思います。
でも、少しでも理解を深めたいと思い、冠詞の本を読んでみることに。
これがなかなか興味深いです。



正直これは英語上級者向け。
そうでないと、たぶん面白くもなんともないだろうし、かえって混乱して終わりそうな気もします。
結局やっぱり英語の冠詞は一筋縄ではいかないということ。
冠詞だけでなく、単数にするか複数にするか、という問題もあります。
「りんご」と言うのに、an apple, apples, the apple, the apples。
この辺りの使い分け、理屈ではなく感覚でネイティブは選んでいる。

面白いのは、「時に気まぐれで使っている」ということ。
もちろん、はっきりした理由があることもありますが
どちらでも意味が大きく変わらないような時は
「さっきはaで単数にしたら次はちょっと変化をつけてthe+複数に」なんて具合。
これは、ちょっと長めの文章を書くときに、全体のリズムなんかを考えて調整するようです。

翻訳文書のプルーフリードをする際にも、人によって直し方が違ってくるよう。
また同じ人でも、「さっきは a と言ってたのに、今度は the と言ってる」なんてこともあるらしく
「どうもネイティブでも曖昧なようだ」と翻訳講師が仰られていたことが
この本を読んでいて「こういうことか」とわかります。

ちなみにこの本、続編となっているようで、本来なら前作を先に読むべきもののようです。
面白そうなので読んでみようかなとも思いますが
たぶん冠詞は結局よくわからない気もするのでもういいかという気も(笑)



それでも以前に比べると大分とわかるようにはなってきているので、
100%はわからないなりにも、ある程度はわかるようにしておいて
ちょっとずつ感覚をつかんで深めていけばいいかと思います。




ブログランキングに参加しています。
応援頂けると嬉しいです。

にほんブログ村



関連記事

Comment

Add your comment