Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

IKEBANA: Flower Arrangement 

せっかく時間のたっぷりある時期、いつもと違う英語学習をしたいなぁと
随分以前に買った本を本棚からひっぱり出してきて読み始めました。



105のキーワードから日本について語る。
元々は日本語で書かれたものに、英訳が添えられています。
どう英語に訳されているのか、非常に興味深い。
正直どれもかなり訳しにくいものばかりです。
初心者向けの「日本文化紹介」というよりも、本格的な「日本文化論」と言ってもいいのではないかと。
日本語を読んでよくわからず、英訳を読んで初めて「そういうことか!」と思うこともあります。
外国人向けに分かりやすく説明が付け加えられていたり、また日本語のとりとめのない展開が
英語の論理的な展開に直されていたりします。
きっと、訳者さんは苦心されたんじゃないかと思います。

ちょっと紹介してみます。

私の大好きな白洲正子さんが、「生け花」について書かれています。
冒頭いきなり短歌で始まります。
こういうのは、翻訳するの難しいですね。
こんな感じの始まりです。


「牡丹花は咲き定まりて静かなり
花の占めたる位置の確かさ

これは木下利玄が大正11年、病床において詠んだ歌で、数年後に40歳で亡くなった。
この歌には何か動かしがたい覚悟とでもいいたいものが現れており、
幽明の境にほのかに浮かんだ牡丹の花に、永遠の生命を託した静かな喜びが感じられる。」
(「日本を知る105章」 第2章『生け花』白洲正子)

こんな風に英訳されています。

The peony blooms and is silent.
The sureness of the position occupied by the flower.

This is a poem composed by Kinoshita Rigen on his sick bed in 1922.
He died several years later at age 40.
A kind of immovable resolution appears in the poem.
One feels quiet happiness connected to the eternal life in the peony hovering between this world and the next.

(Translated by Stanley N. Anderson)


牡丹は英語でpeonyと言うんですね。
花の名前をあまり知らないので、これも勉強になりました。
短歌は最近Tankaとして英語短歌も人気のよう。
どういうルールがあるのかわかりませんが、この英訳は響きが良いですね。
「咲き定まる」ってどういうこと?とか、日本語の疑問が出てきちゃったりするんですが(笑)
ここでは普通にbloomと訳されてます。たぶんそれで十分なのかと。
「何か動かしがたい覚悟」これも訳しにくそうですが、「何か」というのはa kind ofで表して
「動かしがたい」はそのままimmovable。
「覚悟」はdeterminationとも言えそうですが、ここではresolutionとしています。
ODE(Oxford Dictioary of English)で確認してみると
resolutionは"a firm decision to do or not to do something"とあるので
immovableという形容詞にはこちらの方がぴったり合いそうです。
そして、またまた「幽明」って何?と思っちゃったんですが(笑)、「この世とあの世」の意味。
普段使わない言葉。日本語の勉強もしなくちゃいけません。
日英共に語彙力が足りてない(涙)
hoveringという動詞の選び方がいいなぁと思います。
自分では出てこない単語です。
この世とあの世の間をさまよう感じが出ています。

これはまだまださわりの部分だけですが、この後も続けて読んでいくと
色々と新たな発見あって興味深いです。
日本の文化や思想を英語で表現するためには工夫が必要ですね。
大胆に段落構成をがらっと変えている部分もあり、
「これは日本の事を知らない外国人にわかりやすく伝えるための工夫なのかな?」と思ったり。
ちょっと気になる所もあったりするので、また続きを今度書いてみようと思います。

では、今日はこの辺で!





ランキングに参加しています。よろしければクリックを。
励みになります。
FC2 Blog Ranking



にほんブログ村






関連記事

Comment

Add your comment