Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きという気持ち 

「英語勉強したいから、外国人の彼女でも作ろうかな」


本気なのか冗談なのかわかりませんが、そんなことを言った人がいます。
確かに、外国人の彼氏・彼女が出来ると英語が上達するって言いますよね。
それって本当でしょうか?
本当だとしたら、どうしてそうなるんでしょう?


これは何も彼氏・彼女に限ったことではないと思います。
「外国人の彼女」というのを「外国人の友達」に言い換えてもいいです。


「英語勉強したいから、外国人の友達でも作ろうかな」


何か違う・・・・って気がしませんか?
それって順番が逆じゃないかと私は思います。


好きな人と話がしたい。
相手のことをもっと知りたい。
自分の気持ちを伝えたい。
だから英語を勉強する。


「好き」という気持ちがあるから頑張れる。


その「好き」が何に向けられているかは色々あると思います。
友達だったり恋人だったりハリウッドスターだったり、
音楽だったり映画だったり海外ドラマだったり。
もっと真面目に、ビジネスだったり政治だったりするかもしれない。


それが何であれ、自分の「好き」にまつわることだから、
人は努力できるんじゃないかと思います。


もちろん、順番が逆であってもいいと思います。
英語が出来たらかっこいい→英語を勉強しよう→そうだ海外ドラマを見よう!
それもアリだと思います。
でも、そのプロセスのどこかに「好き」がなかったら、続かない気がします。


始まりは何だっていい。
きっかけは何だっていい。
自分なりの「好き」を大切にしよう。
ひとつの「好き」が新たな「好き」につながっていくかもしれない。


あるミュージシャンを好きになったのをきっかけに、
洋楽が好きになり、外国が好きになり、英語が好きになり、
素敵な友達ができるかもしれない。


そうやって「好き」をどんどん広げていったら
人生がどんどん豊かになっていく。


もしも今、「好き」っていう気持ちを忘れてしまっているなら、
もう一度、思い出してみませんか?


あなたの、英語にまつわる「好き」は何ですか?





読んでくださってありがとうございます。
少しでもお役に立てれば嬉しいです。

FC2 Blog Ranking


関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。