Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

TOEICのリスニング 1 

TOEICに限らず英語のリスニング全般に言えることですが、全体像をつかみながら細かい情報をゲットすることが大切。
両方のバランスが大切なんですが、日本人の学習者はつい細かいところに気を取られ、全体像がつかめなくなってしまうことが多いような気がします。


「答えを聞き逃さないように」と思うあまり緊張してしまってかえって聞けなくなってしまう。
ある程度の緊張感は必要ですが、緊張しすぎると聞けなくなってしまうので、細かい情報よりも大意をつかむように、全体像が見えるように、そんな風に意識してみるとほどよく力が抜けるのではないでしょうか。


特に初心者にとっては細かい情報を聞き取るって難しいことです。
最初から難しいことを目指さず、まずはキーワードから大意をつかむようにする。
それが出来るようになってから、細部を聞けるようにしていけばいい。


長めの会話文やナレーションを聞いていると、絶対どこかで聞き取れないところがあります。
そこに気を取られているとどんどん話がわからなくなっていきます。
「あ、ヤバイ、だめだ」と思ったら、とりあえず流れだけでもつかむようにしましょう。
どこで、誰が、何について話しているのか、つかむように。
それだけでもある程度は点数が取れるはずです。


「それが出来ないんだよ!」という方は、リスニング練習の際にそこを意識してみてはどうでしょう?
教材は何でもいいですが、細部を気にせずに大まかな流れをとらえるように意識して、聞き終わった後に内容を自分なりに要約してみる。
Who Where What Whenといった基本情報がどれだけ聞き取れてるか?
その後にスクリプトを確認したり、音読してみたりするのもいいですが、まずは大意をとらえる練習。これが大切!




読んでくれてありがとうございます。
ちょっとは役に立ったかな?
FC2 Blog Ranking











関連記事

Comment

Add your comment