Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

Big Fish

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD]ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD]
(2004/10/27)
ユアン・マクレガーアルバート・フィニー

商品詳細を見る
おとぎ話しのような話し。でも、ただのおとぎ話じゃなくって、おとぎ話と現実が入り混じってひとつになったようなそんな感じ。いや、現実をおとぎ話に脚色したって言った方がいいのかも。
父親の語るおとぎ話と現実の世界とその両方の世界を行ったり来たりしながら映画は進行していく。大人になった息子はもう父親の語る物語を信じてはいない。彼は真実の話を聞きたいと思っている。父が息を引き取る前に・・・。でも、父親の語る壮大なホラ話は実はその中に真実も含まれていて、映画が進むにつれて少しずつ明らかになっていく。
タイトルのbig fishには「大物」という意味がある。映画の中で出てくる台詞You are a big fish in a little pond。小さな池の中の大きな魚。日本語で言うなら「井の中の蛙」といった感じでしょうか。彼はa big fish in a little pondだったのかもしれない。でも、そこを飛び出してa big fish in a big pondになったのかもしれない。まあどっちでもいいかな。とにかく彼は幸せだったのだろうから。そして、文字通りBig Fishだったんだ。(これは映画を最後まで見ればわかります!)
人生っておとぎ話ほどにexcitingではないけれど、でもちょっと見方を変えたら(脚色したら?)、こんな素敵なおとぎ話になるのかもしれない。
とってもあったかい気持ちにさせてくれる素敵な映画です。



関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?