Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

バリエーションを豊かにする 

昨日ふらっと入った本屋さんで心理学の本を買っちゃいました。
好きなんですよね、この手の本。
読んでいてなるほどって思うことがたくさんあります。
自分のモチベーションを維持するのにも役に立つと思います。


昨日、その本を読んでいてなるほどと思ったことのひとつ。


「飽きる」のと「疲れる」のとは別のもの。


勉強していて集中力が低下してくるってことありますよね。
なかなか頭に入ってこない。
それは脳が疲れているからということもあり得るけれど、実は同じ作業に「飽きて」きているのかもしれない。


同じ作業をずっと続けているとどうしても飽きがきてしまいます。
そのため集中力が低下してくる。


そういう時は、休息するよりも違うタイプの作業をするのがいいそうです。


たとえば、ずっとTOEICの長文読解をしていたとしたら、日常会話のリスニングや音読をしてみる。
タイプの違った新しいことをするとリフレッシュ出来て勉強がはかどる。
それから再び長文読解に戻ると、さっきまで頭に入ってこなかった英文がスイスイと読めたり。


ひとつの教材をしっかり学習するのは大切ですが、同じものをずっとやっていると段々と飽きてきて学習効率が落ちてきたりもします。
そう考えるとひとつの教材に集中して取り組むのではなく、2・3種類のちょっとタイプの違う教材を同時進行で勉強するのがいいのかもしれません。
ひとつに飽きたら別のもの。それにも飽きたらまた別のもの。さらにそれにも飽きたらまた最初のものに戻るって感じで。


休憩してお茶を飲む代わりに、別の教材を勉強する。
その方が継続して勉強できるし、勉強量も増えますよね。


そんな風に考えながらふと気付いたこと。
そういえば、私も本を読むとき何冊か同時進行して読むなぁ。
部屋で読む本。
電車で読む本。
お風呂で読む本。
そうやって何冊か同時に読む方がはかどる気がします。


無意識で法則にのっとってたわけですね。


改めて自分のこれまでの学習方法を振り返ってみると、確かにその通りにやってたなぁと思います。
「まずはこの教材を終わらせよう!」みたいなやり方をしてなかった気がします。
時に短大時代はほんとに英語漬けな毎日でしたが、まったく苦痛を感じなかったのはそんなところに理由があるのかも。
リスニングしたり英文エッセイ書いたり文法やったり会話したり。
しかも内容は洋画だったり時事問題だったり異文化コミュニケーションだったり。


バリエーションを豊かにするっていうのが学習を継続させるコツなんでしょうね。


よし、今後に生かそう!



読んでくれてありがとうございます。
ポチッと押してくれると嬉しいです。
FC2 Blog Ranking




関連記事

Comment

Add your comment