Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

英語の発音 

短大時代に「音声学」というクラスがありました。
音声学というとなんか専門的な感じがしますが要は発音のクラスです。


母音や子音の発音、音の連結などの発音ルール、リズムやイントネーションについて学んだ後、課題となる会話文を自分の声でテープに録音して提出します。
そして、正しい発音が出来ているかがチェックされて点数がつけられて返ってきます。
第1回目の課題。私は10点満点中3点という点数をつけられて、再提出を命じられてしまいました
ちなみに再提出はクラスで3人だけでした。


くやし~い!!!!!!!


と思って、その後猛練習しました。
先生のオフィスに行って見てもらったりもして。
ほんっとに毎日毎日飽きもせず同じ会話文を音読してました。


そのかいあって再提出後は少しスコアアップ。
第2回目、第3回目と順調にスコアも上がり、最終的には10点満点中9点くらい取れるようになりました。


提出したテープを後で聞き返してみると、初期の頃のなんてあまりにヘタクソすぎて聞いてて恥ずかしくなるくらいでした。
「初心忘るべからず!」っていうことで、しばらくは取っておいたんですが、生きてるうちに処分しておこうと思って(他人には聞かせられない!)数年後くらいに捨てちゃいました。


でも、今の私があるのはあの音声学のクラスがあったからだなぁと思います。
お陰で日本人・外国人共に色んな方から「日本人っぽくない発音」と言われます。


ちょっと位発音が悪くても通じればそれでいい、という考え方もあると思います。
それでも別にいいと思います。
でも、音声学の先生がおっしゃっていたこと。
「努力をして綺麗な発音を身に付ければ、その努力はちゃんと相手にも伝わる」
それもまた事実だと思うのです。


それにしても、あの時中途半端に5点とか6点とか取っていたら、あんなに努力することもなかったかもしれないなと思います。
赤点で良かった。そのおかげで今の私がある。
あれがなかったら英会話の先生にもなってなかったかもしれないな。


発音良いと得すること多しです。





読んでくれてありがとうございます。
ポチッと押してくれると嬉しいです。
FC2 Blog Ranking




関連記事

Comment

Name - どやさ2  

Title - 音声学

Yoshikoさん、久しぶりです(*^_^*)
どやさ2は、今でも発音が苦手なのです。
たぶん、ひどいです。
大学で音声学の授業をとってないからかもしれません。
なので、ずっと独学で発音は頑張っています。
ネイティブが発音を教えてくれるDVDを見たり、PCの発音サイトを見ながら口真似をしたり、
『英語耳』とかいう本を参考にして学習してみたり、でも、どれをやってもネイティブと話すと、発音がヘタと言うか・・・。ホント、どうやったら発音がうまくなるのか悩んでいる途中です。
Yoshikoさんんがうらやましいです(*^_^*)
2010.02.21 Sun 10:18
Edit | Reply |  

Name - Yoshiko  

Title - Re: 音声学

☆どやさ2さん☆

独学で頑張ってらっしゃるんですね!ステキですv-353

英語らしい発音のポイントはひとつひとつの子音・母音の発音、音のつながり、そしてリズム&イントネーションです。
どやさ2さんは何が苦手なんでしょう?

面倒くさいかもしれませんが、一度自分の英語をレコーダーで録音して聞いてみるといいですよ。(もうされてるかしら?)
客観的に自分の英語を聞けるので、どこがお手本(ネイティブ英語)と違うのかがわかると思います。
あとはひたすらお手本に近づけるように繰り返しの練習。
同じものを何度も何度も練習するのがポイントだと思います。(私はそうでした)

練習すれば必ず良くなると思いますので、あきらめずに頑張って下さいね^^


2010.02.21 Sun 11:48
Edit | Reply |  

Add your comment