Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

色を奏でる

今日は血液検査の結果を聞きに病院に行って来ました。
1月に検査した際にちょっと数値が上がっていたので、念のため再検査したのですが、結果は「大丈夫ですよ」とのこと。
あ~良かった^^


そして帰りに大阪城公園に梅の花を見に行ってきました。
たくさんの可愛い梅の花たちにたっぷり癒されてきました。
今年も咲いてくれてありがとう!


梅の花は今がちょうど見ごろですが、桜の木は来月に綺麗な花を咲かせるために準備しているところです。
この時期になるときまって思い出す話しがあります。
草木染めの話しです。
桜の色ってどうやって染めるか、ご存知ですか?
花びらからではなく、枝から、それも花が咲く前の枝から、綺麗な桜色が出るのだそうです。


この話を聞いてから、まだ花を咲かせていない桜の木が、これまでとは違って見えるようになりました。
桜の花の咲いていない、幹と枝だけの桜の木は、誰も目を留めないかもしれない。
でも、私達の目には見えないところで、桜の木は一生懸命に力を蓄えている。
春になったら綺麗な花を咲かそうと、準備している。
あともう少し。
もう少しで花開く。


なんだかそれは人間の姿にも重なるような。


たとえ目には見えなくても、あなたの中に確実に積み重なっているものがある。
今はまだ花開いていないかもしれない。
今はまだ準備期間なのかもしれない。
でも確かにあなたの中に息づいている何かがある。
それはいつかきっと花開く。
もうあとほんの少しかもしれない。
春はすぐそこまで来ているのかも。


まだ花開いていない桜の木に目をやってみませんか。
そこには自分の姿が見えるかも。



色を奏でる (ちくま文庫)色を奏でる (ちくま文庫)
(1998/12)
志村 ふくみ井上 隆雄

商品詳細を見る



ステキなエピソードがたくさん詰まっています。
お勧めの本です。
自然は本当に色んなことを教えてくれますね。



読んでくれてありがとうございます。
あなたの花も開きますように!
FC2 Blog Ranking





関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?