チャ~ンス!!!

翻訳の勉強ですが、さぼりながらも続けています。難しいんですよね~。なのでイヤになる時があります。
バックグラウンドになる知識が乏しいのと、日本語の表現を知らないことがネックになっています。


私本当にこれ出来るようになるのかな~と思ったりします。


勉強していて凹むことってあると思いますが、この凹むっていうのも実は大切なことなんじゃないかな、と思います。
これまでの自分を振り返ってみて、凹むことは何度もありました。
今でこそ英語をそれなりに話せるようになりましたが、ここまでの道のりで凹むことはしょっちゅうありました。
失敗も一杯したし、「あ~私ってまだまだダメだなぁ」って思うことしょっちゅうありました。


でも、実は、そこにチャンスがあるのかな、なんて思ったりもするのです。


これまで、そんな風に凹んだ時、どうしてきたかっていうと、勉強するんです。勉強して、練習して、ちょっとでもマシになるように努力するんです。そうすると一つ壁を越えられる。凹むっていうのは壁を越えて成長するためのチャンスなんじゃないかって思います。


凹んで、落ち込んで、「もういいや!」とやめてしまったら挫折になるんです。
凹んでもあきらめずにトライし続ければ人は成長できるし、挫折にもならないんじゃないか。


オリンピックで金メダル取るとかいうなら努力だけでなく才能も必要だけど(高橋大輔選手、銅メダルおめでとう&世界選手権金メダルおめでとう!!!)、英語力つけるとかいうことなら別に才能なんてなくても努力すれば出来るんだから。


なので、やっぱりNever give up.の精神は大切ですよね。


ちなみに人間の脳は苦行が好きらしいです。脳科学者の茂木健一郎さんが言っていました。


こないだは「英語学習楽しみましょう♪」とか言っておいて、今日は苦行の話しですか?って感じですが、でもね、やっぱり勉強していて壁にぶち当たる時ってあると思うんですよね。
凹む時ってあると思うし。順風満帆にはなかなか行きません。
スランプというものは時々やってきます(ない人もいるかもしれないけど)。


でも、この凹みが自分を成長させてもくれるんで、実は必要なものでもあるんじゃないかなって。
そして、それを乗り越えるのは結構楽しかったりもします♪


ということで、基本的には楽しんでやっていきたいんですが、壁にぶつかっちゃった時には、障害物競走のつもりで壁を乗り越えることを楽しめばいいんじゃないか、と思ったりもします。
障害物乗り越えるのも結構楽しくないですか?
勉強が楽しいかどうかっていうのは、自分の気持ちの持ち方次第で変わるような気がします。


やっぱり英語学習は楽しい、という結論に到りました!
翻訳の勉強もがんばろう。出来なかったことが出来るようになるのは、やっぱり楽しいし♪
新しいことにトライするのは楽しいし♪♪♪




ご訪問ありがとうございます。
壁にぶちあたってませんか?だとしたら、チャ~ンス!!!
FC2 Blog Ranking



関連記事
テーマ: 英語 - ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する