Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take it Easy 

職場のスタッフみんなで食事に行った時のこと。
一人ちょっとだけ遅れて着た外国人の先生がいて

どうしたの何かあったの?

って聞いたら

連絡取らなきゃいけない友達と連絡が取れなくて

って話でちょっとイライラした感じ。



その時他のアメリカ人の同僚たちが

Take it easy.

っていう表現を使ったんですよね。



そうか、こういう時に使えるんだなぁ。



Take it easy.

っていうのは便利な表現で、色んな場面で使えます。
色んな場面で耳にします。



言語感覚っていうのは人それぞれなので
好んでよく使う人とそうでない人とがいると思いますが
私はこの表現が好きです。



まぁ気にするなよ。
楽にいこうよ。



なんかそんな明るくて楽観的な感じが好き。



頑張って!
頑張ろう!
頑張ります!



っていう表現を好んでよく使う日本人にとって

Take it easy!

って必要なことのような気がします。



もちろん、頑張るのもいいんですが、でもたまには

Take it easy!

でもいいんじゃないかなぁ。



他にも「頑張って!」の代わりに

Break your leg.

って言うのもあって、
これはもともと舞台関係者の間で使われていた表現らしいです。



これから大事な舞台に上がるという人に向かって

Break your leg! 足を折っちゃえ!

って言っちゃう。



失敗したって平気!思い切ってやっておいで。

そんな気持ちが込められている。



大切な場面だからこそ人は緊張してしまうし
上手くやろうと思ってかえって失敗したり
頑張りすぎて硬くなってしまったり



だからこそ

Break you leg!

っていう言葉が「効く」のかもしれない。



とは言え、頑張ることも時には必要。
頑張らずにはいられないっていう人も日本人には多そうだし。



なので

Take it easy!

Break you leg!

っていう言葉を頭の片隅におきながら
思う存分頑張ればいいのかもしれない。



頑張らずに頑張ろう。
気楽に頑張ろう。
失敗したってへっちゃら!



That's not the end of the world.
それで世界が滅びるわけでもなし。



↓応援してもらえると嬉しいです。
FC2 Blog Ranking



関連記事

Comment

Add your comment