Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

イギリス英語が好き 

こないだテレビで『ハリーポッター』やってたので
最後の一時間だけ見てました。



実はハリーポッターちゃんと見たことないんですよね。
でも、面白そうって思いました。
ファンタジーって楽しいですよね。



っていうか、映画っていいよなぁって最近改めて思っています。



映画、好きなんですが、なかなかまとまった時間が取れなくて。
読書だったら細切れ時間で読めるんですが、
映画はやっぱり通しで見たいですから。



最近ちょっと時間が取れるようになってきたので、
いろいろ映画見てみようかな、と思います。



そういえば、先日DVDを買いました。


ネバーランド [DVD]ネバーランド [DVD]
(2005/08/03)
ジョニー・デップケイト・ウィンスレット

商品詳細を見る




『ピーターパン』の作者ジェームズ・バリを主人公にした話です。
『ピーターパン』誕生の裏にこんな素敵な話があったんだなぁと
とっても心温まるストーリーです。
劇場で見たんですが、DVDも買ってみました。
これで英語の勉強しよう。




私の大好きなジョニー・デップが主演です。
なんか、私が持っているDVDって(あんまり持ってないけど)
ジョニー主演のばっかだなぁって思います。
好きなんだから、仕方ないか。



話は飛びますが、ハリーポッター見ながら思ったこと。
「やっぱりイギリス英語っていい♪」



綺麗なイギリス英語を聞くと、なんだか癒される気がします。
心が洗われる気がします。
アメリカ英語もいいんですが、決して悪くないんですが、
でもやっぱりイギリス英語が好き
もしもハリーがアメリカ~ンな英語を話してたら
「やっぱり何か違う」って思う気がします。



『ピーターパン』の作者ジェームズ・バリはスコットランド出身だそう。
ということは彼の話す英語もアメリカンではなくブリティッシュ(スコティッシュ?)なはず。
ジョニーはアメリカンですが、きっと話し方を変えてくるんだろうな。



英語とひとことに言っても色んな英語があって
役者さんたちはそれぞれの役の設定に合わせて
英語の発音も変えていかれます。
そういえば、『ブリジット・ジョーンズ』の主人公(誰だっけ?)も
アメリカ人ながらに見事にイギリス英語をマスターしたって聞いたことがあります。



逆に、ロビン・フッド(これもイギリス)を演じたケビン・コスナーが
ばりばりのアメリカ英語を話してた
なんて話を聞いたことがあるようなないような・・・



役者さんって大変ですね。




ちなみに今、映画の字幕翻訳をされている方の本を読んでいます。
色んな裏話があって楽しいです。
字幕と吹き替えでは日本語訳も変わってくるんですよね。
洋画を見ながら英語の勉強だけでなく
どんな字幕になっているのかどんな吹き替えになっているのか
そんなところにも注目してみるとさらに何倍も楽しめそう。



そんな風にいろいろ勉強するのが最近楽しくって仕方がありません。
翻訳の勉強もがんばってます!
ほんと、勉強することがまだまだありますが、
「勉強することがまだある」ということが嬉しいです。
勉強することがなくなったら、人生きっと味気ないだろうなぁ。
まだまだバカでよかった、私。



FC2 Blog Ranking



関連記事

Comment

Add your comment