Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

先生がこわい 

うちの母は「リハビリの先生がこわい」と言っています。
「看護婦さんもこわい」そうです。



リハビリの先生は私もお会いしたんですが
とっても優しいというのが私の印象でした。



でも、母からするとこわいんですよね。



母の気持ちもわかるし
先生の気持ちもわかる気がします。
優しくしてると甘えてしまって
いつまでたっても出来るようにならないんです。



私も先生をしていてそこのところは悩ましいところです。
「仕事が忙しくて勉強できなくて」
「いいですよ、いいですよ。のんびりやってきましょう」



そういうことが必要な時もあるんですが
いっつもそうだとちっとも上達しません。



「今日は宿題できてなくて」
「またですか?いつやるんですか?!
来週は絶対やってきて下さいね!」



っていうような会話がよく繰り広げられています。



もっと優しい先生になりたんですけどね、ほんとは。
優しい先生でいる方が楽だもの。



皆さん自分でお金を払ってレッスンに来られているので
やる気はあるはずなんですが
お尻を叩かれないと勉強しない人も多いです。



叩いてくれる人を求めて英会話学校に来るのかもしれませんが・・・。



本屋さんに行けば英語の本はたくさんあるし
今はネットでレッスンを格安で受けれたりもする。
そんな中でわざわざ英会話学校に通うというのは
プラスアルファの何かを求めて来られるのかもしれません。



優しいけどちょっとこわくて
こわいけどやっぱり優しい。
そんな先生であれたらいいかな。



生徒から好かれようなんて思ってたらダメですね。



うちの母もきっと先生のおかげで
もっとしっかり歩けるようになっていくんじゃないかな。
そして、そうなった時に先生の優しさがわかるのかも。






いつもありがとうございます。

FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


関連記事

Comment

Add your comment