日本人が英語を話せない訳

TOEICでハイスコアを獲得しているにも関わらず
すばらしい英語の知識を持っているにも関わらず
英語が話せないという日本人は多いです。



学校の英語の先生もそうだったし
大学の先生でもそうでした。
例外的に話せる方もいらっしゃいましたが
少数派だったような。



知識に偏重しすぎると運用能力が低くなってしまうのかも。



知っているということと
実際に使えるということとの間には
けっこう大きな差があるものです。



私自身もそうです。
読んで理解できるからといって
それと同じレベルの文章を書くことは出来ないし
聞いて理解できるからといって
それと同じレベルの英語を話すことは出来ない。



わかっているけれど使えない。
そこを乗り越えていくには
少しずつ地道に練習していくしかない。
そうやって少しずつレベルを上げていくしかない。
そのプロセスで失敗して恥をかくことも多々あるでしょう。



自分はTOEICで○○点を持っている
英文法には自信がある
という思いがあると
失敗することに対して抵抗を感じてしまうことも。
正しい英語を話さなければ
スコアに見合う英語を話せなければ
そう思ってしまうとかえって話せなくなってしまう。



失敗を避けようとするから話せない。
話せないから話さない。
話さないから話せない。
そのループから抜け出せなくなって
場合によっては話すことを諦めて
知識のさらなる追求にまい進してしまうのかもしれない。
その結果さらに知識は増え、
実際の運用能力との差が広がっていくのかもしれません。




そうやって専門性を高めることもひとつの道ですが
英語を話す楽しさ・喜びというのも捨てがたいし
あえて失敗して恥をかくことが
ブレイクスルーにもなりえる。



英会話の習得には「プライドを捨てる」ことが必要と思います。
失敗を恐れていては話せるようにならない。
間違えたら恥ずかしいとか、
出来ない自分を受け入れられないとか
そういう気持ちがあるとなかなか上達できない。



そういう私も昔はそうだったんですが
そこを超えることで会話力は格段に伸びたと思います。




思い切って失敗してみて
失敗を笑い飛ばせるようになったら
英語力だけでなく
人生の幅も広がる
と思うんですがどうでしょうか。





いつもありがとうございます。

FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


関連記事
テーマ: 英語 - ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する