Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

結果を出す人のメンタリティー

  26, 2011 15:59
今日はTOEICですね。
受験するみなさんが実力を発揮されますように!
っていうかもう終わっている頃ですが・・・。



私は先月に受けたTOEICの結果がようやく出ました。
予想通りスコアは落ちていました。



リスニング  495点
リーディング 440点
トータル   935点



リスニングは結構な確率で満点を取れるようです。
やっぱりネックはリーディングかと思います。
そして、今回のTOEICの結果から言えること。



「コンディションが悪くてもとりあえず900点は取れる」



ということ。
逆に言えば、コンディション(体調やメンタル)が良ければ
かなりのハイスコアが期待できるのかも・・・。



だいたい年に一回のペースでTOEICを受講するのですが
ちょっとこれまでの履歴を振り返ってみようと
スコアリポートを引っ張り出してみました。



5年分くらい遡ってみます。



2010年6月  L495点 R455点 T950点
2009年9月  L490点 R420点 T910点
2008年10月 L495点 R490点 T985点
2008年5月  L470点 R465点 T935点
2007年6月  L475点 R450点 T925点



こうやって見てみると900点台とはいえ結構浮き沈みがあります。
2007年以前のスコアリポートはもう持ってないんですが
だいたい935~945点で安定していた記憶が。



TOEICのスコアの浮き沈みは
私の精神の浮き沈みのような気がしてなりません。
英語力そのものは大して変わってない気がします。



話はうって変わりますが、先日何気なくテレビをつけたら
サッカーの長友さんのインタビューがやっていました。
とっても興味深い内容で思わず聞き入ってしまいました。




イタリアのチームに入ってなかなか自分の思うようなプレーが出来なくて
いろいろと思い悩まれたそうです。
これまで出来ていたことが出来ない。
見えていたものが見えない。
大きなプレッシャーの下で自分らしさが発揮できずにいる中
どんなプレッシャー下でも常に一定の力を発揮できるメンバーもいる。




そこで彼が気付いたこと。
結果を出すためにはメンタルの強化が必要。
そして、一生懸命に取り組んだそうです。



試合という場面だけではなく、日常のあらゆる場面で
心の持ち方に気を配ったのだそう。




ごはんを食べながら「おいしいなぁ」と思える心。
ありがたいなぁと思える心。
一言で言うと「感謝」の気持ち。




それが心の余裕である。




その心の余裕が精神の強さになり
本番で力を発揮できる心の強さになる。




とても良い話だなぁと思いました。
あらゆることに通じるものだと思います。




結果を出せる人、出し続けられる人のメンタリティーを
私も身に付けたいものです。



とりあえず、日々の生活を大切にして
心の余裕を持てるようにしたいです。








いつもありがとうございます。


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

関連記事
  •   26, 2011 15:59
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment