Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

a の世界と the の世界 

英語を学ぶ上で避けて通れないのが冠詞だと思います。



a がつくのかつかないのか
つまり数えられる名詞かどうか。
数えられる名詞なら、
a をつけるかそれとも複数形にするか。
a ではなくて the をつけるのか。
the をつけて複数形にするのか。



ほんとにややこしいです。



今度レッスンで冠詞を扱うので
改めて勉強中です。



大学生の頃に読んだ語学書を再読していたら
ちょうどそんな話が出てきました。



日本人の英語 (岩波新書)日本人の英語 (岩波新書)
(1988/04/20)
マーク ピーターセン

商品詳細を見る




結構ロングセラーな本です。
今読み直してもなるほどと思います。



英語を教えていて、時々生徒様から
冠詞って間違ってもちゃんと通じますよね?
と聞かれることがあるのですが
a と the の違いは結構大きいと
この本を読んでいると思い知らされます。



ネイティブにとってa の世界とthe の世界というのは全く違うもので、
aがつくのとthe がつくのではまったく違う世界が見えるようです。



この感覚を日本人が身に付けるのは至難の業ですが
これが身に付けばネイティブの感覚に
だいぶ近づけるんじゃないかなぁと思います。



冠詞について語りだすと本当に本が一冊書けますよね。



文法書だとどうしてもルールを説明しがちですが
ルールでは説明しきれないものがあり、
本当に使いこなそうと思ったら
その背景にある概念を理解することが大切。



これは冠詞に限ったことではなくて
例えば時制についても言えることで
過去形か現在完了形かというのも
ネイティブの時間の捉え方を理解することが
大切になってきます。



私はそこまでマスターできているかと言うと
自信ありませんが
でもそうなれるように努力しています。



英語ってやっぱり奥が深いなぁと
英文法の勉強をしていると
しみじみと思います。



この本では、冠詞に加えて時制や態(受動or能動)
など日本語の感覚ではつかみにくい英語の感覚を
色んな例をまじえて説明しています。



英語の感覚をもっと深く理解したいという方は
一度読んでみて下さいませ。






ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

関連記事

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.21 Thu 01:33
Edit | Reply |  

Name - Vivimom  

Title - 

こんにちは☆

是非読んでみたいです!
英語を勉強している人が突き当たる壁ですよね。。。冠詞。
以前留学先の先生に、「ネイティブはあまり冠詞について考えていない、自然の感覚」と言われ、分からなかったら何でもtheをつけてみろと言われました 笑
2011.07.21 Thu 10:56
Edit | Reply |  

Name - Yoshiko  

Title - Re: タイトルなし

Sunnyvale-sama

はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
不規則な更新ですが、できるだけこまめに更新していきたいと思っていますので
またいらっしゃって下さいね。コメントも楽しみにしています♪

2011.07.21 Thu 11:28
Edit | Reply |  

Name - Yoshiko  

Title - Re: タイトルなし

Vivimomさん、こんにちは☆

是非読んでみてくださ~い。
結構目からうろこな内容です。

冠詞とか時制とかネイティブは自然に使いこなしているので
尋ねてもちゃんとした説明が出来ない方も多いです。
なので、きちっとネイティブに見える世界を説明してくれているのは
非常に面白いしすっきりします。

ほんとに外国語って異文化ですよね。
2011.07.21 Thu 11:34
Edit | Reply |  

Add your comment