Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

やっぱりネイティブがいい? 

英語を教えてもらうならやっぱりネイティブがいい。
みなさんは、そう思われますか?



初心者の方だと「日本人の先生がいい」と言われる方も多いですが
中級くらいになるとやっぱりネイティブという方が多いのかな?



どちらが良いとか悪いとか言うのではなく
どちらにもそれぞれに長所と短所があると思います。



学習のノウハウを知っているという点では
日本人教師の方が優れていると思うし
自然な会話表現はネイティブの方が当然よくわかる。




何を学びたいかによって先生選びは変わってくると思います。




日本人教師でも、留学経験のある先生
私みたいに日本で習得した先生もいる。
それぞれの経験から教えられることがある。



日本人の私だから教えられること
日本で英語を習得した私だから教えられること
というのがあると思っていますが
「ネイティブの先生がいいです」と生徒から言われてしまうと
ちょっと悲しい気持ちになったりもします。



日本人の私がどんなにがんばっても
ネイティブにはなれないから。



その一方で「ネイティブがいい」と言って来校された方から
「日本人の先生もいいですね」と言ってもらえたりすると
けっこう嬉しかったりします。
認められたかなって気がして。



そういう風に言っていただけるように
英語力&指導力を磨く努力をしていたいなと思います。



それでもやっぱり「ネイティブがいい」と言われることもありますが
まぁそれは仕方がない。
そう言われて「くやしい」と思う私は
けっこうな負けず嫌いなのかもしれませんが
でもそのおかげで英語力を磨いてこれたので
それも悪くないのかもしれません。



そして最終的には「この先生に教えて欲しい」と
言ってもらえるようでありたいです。






ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

関連記事

Comment

Add your comment