Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

TOEICのスキル 

私は基本的にはTOEIC学習は英語力アップのためと思っていて
生徒たちにTOEIC受講をお勧めするのも
「自分の力を知るため」「学習の目標設定のため」であって
ハイスコアをゲットするためではないんです。



とは言え、「点数」というわかりやすい形で結果が出るので
やっぱりハイスコアをゲットしたいという欲が出る。
人によっては「昇進のために○○点必要」とう方もいるし、
そういう方にとっては「英語力のアップ」よりも
「スコアのアップ」の方が優先事項になるのでしょう。



TOEICとどういう付き合い方をしていくかは
人それぞれだと思います。
何のためにTOEICを受けるのか
何のためにTOEIC学習をするのか
自分にとって心地よいやり方をすればいい。



TOEICのスコアを上げようと思えば
「TOEIC対策」をすることも大切なのだろうけれど、
でもあまりにそこにこだわってしまうと私は心地悪い。



TOEICで満点を取りたいと思っているけれど
満点を取ることが目的になりたくない気がする。



TOEIC学習について考えさせられることが最近ありました。
私と同じ英会話講師をしている友人のTOEICの結果。
彼はTOEIC初受験。
対策というようなものは全くなしで受験して
テスト終了後の感想は
「リスニングちっとも集中できなかったし
リーディングは最後時間足りなかった」。
そして、結果は955点。



また別の友人も「長文最後まで読めなかった」と言いながら
900点を超えるスコアをゲットしています。



長文を最後まで読めなくても900点は取れるんだ。
ちょっとした発見(?)
おそらく基礎力がしっかりあるので
全体の正答率が高いんでしょう。



そこで考えさせられたこと。
TOEIC対策は確かに有効だけれども絶対ではないし
特別な対策をしなくても英語力がしっかりしていれば
ハイスコアはゲットできる。



9月にTOEICを受験しますが、
あんまり気を張らずに受けたいです。



満点取ることを目標にせずにもっとその先を見て
TOEICで軽く満点を取れるだけの英語力と集中力を
身に付けていきたい。



私にとってTOEICは目標ではなくて通過地点。



そういう勉強の仕方が私らしいスタイルだという気がします。





ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村




関連記事

Comment

Add your comment