Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

ただいま 

今日、家に帰ってきました。
実はこっそり(?)入院してまして・・・。



体調崩して、とかいうわけではなく、
以前から予定していた手術を予定通り執り行った
という感じです。



母のことがあったので、正直どうしようか迷ったのですが
家族が「やっとき!」というのでやることにしました。
母の葬儀などでかなり忙しくて、疲れもあって風邪をひいてしまい
こんな体調で手術受けて大丈夫なのか・・・と不安もあったのですが
病院に電話して相談してみたところ、
外科部長は「いいんじゃない?」とのこと。



そんな軽くていいの?っていう感じでしたが、
「だったらやってやる!」と思ってやっちゃいました。



手術の前日とかかなり凹んだのですが、
かな~り不安になったのですが、
ここまできたらやるしかない!



金曜日に手術して、月曜日に退院して、
木曜日から仕事復帰・・・。
本当は土曜日から仕事の予定だったんですが
自分でレッスン入れちゃったんです。
TOEIC対策のクラス。



自分で入れといて、後になってちょっと後悔。
ほんとに出来るの、私?
手術を舐めてないかい、私?



そして、実際に手術を終えてみて思ったこと。



なんとか、いけるかも!



私、2年前にも別の手術をしてるんですが、
そのときの手術があまりに辛すぎて
それに比べると、今回の手術は結構かるいんじゃないかって気がしました。
それでも、もちろん痛いんですが、もっと痛い思いをしてるもんで
痛みに強くなってるのかもしれません。



母のことがあって、手術どうするか本当に悩んだんですが
やっぱりやって良かったなぁと思います。
ちなみに、この手術、保険適用が出来なくて全部自腹。
かなりの高額でしたが、母が「お金出したるからやっとき!」
と言ってくれてすることに決めたんです。
手術の直前に母が亡くなり、なんだか最後のプレゼントもらったみたい。



私の手術の前日に、姉の夢の中に母が出てきたそうです。
「心配でこっちに戻ってきたわ」って言ってたらしい。
「そんな自由に行ったりきたり出来るの?」ってきいたら
「出来るよ」と言ってたそう。



今日は帰ってきてすぐに「お母さ~ん、無事終わったよ~」
と仏前にご報告しました。



なんともハードな2週間でしたが、
人ってけっこう強いもんだなと学びました。



弱いけど、強い。



何度もくじけそうになるんだけど、
いっぱい泣いて、弱音も吐いてみて、
もうダメなんじゃないかって、
私ってもしかしてけっこう可哀想?
とか思ってみたりもして、
ちょっと「悲劇のヒロインごっこ」してみたりして。



でも、そうやってしばらくしたら、
落ち込んでいるのが嫌になってくる。
そして、立ち上がって何かしようって気になる。



悩んでても何も解決しないし、
嫌なことから逃げたって何にもならない。
逃げようとするからかえってしんどいんだ。
だったら思い切ってぶつかっていった方がいい。



逃げたいと思うそのものの中に身を投じてみる。
そしたら、けっこう何とかなったりする。



気持ちさえ前を向いていれば、
きっと大抵のことは乗り越えられるんだと思う。
「絶対負けない!」っていう気持ちが大切。
勝たなくてもいい。
負けさえしなければいい。
そして、最後に笑えたら、ハッピーな人生って
いえるんじゃないかな。



一仕事終えて、とりあえず、今はハッピーです。
きっとまだまだ色んなことが待ってるんだろうなと思うけど
ここを乗り越えられたんだから、きっと何だって乗り越えられるさ。




関連記事

Comment

Add your comment