Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

ようやく完読 

やっとやっとやっと読み終わりました。


Memoirs of a GeishaMemoirs of a Geisha
(1997/09/23)
Arthur Golden

商品詳細を見る



最初にこの本を手にしたのは6年くらい前のこと。
ちょっと読みかけてやめてしまって、
もう読まないかなぁ、処分しちゃおうか、
なんて思ったこともありましたが
やっぱり読んでよかったと思います。



小説というのは、最後まで読まないと良さがわからないですよね。
最後まで読んで初めて、物語の世界が見えてくる。
そして感動がある。



ちょっと大げさかもしれませんが、
それって何か人生にも通じることのように思います。



終わってみて初めて、わかることがある。
だから、途中でやめちゃダメなんだ。
途中でやめたら何もわからない。



小説を読み終えると、なにか達成感のようなものを感じます。
特に長い物語なら尚更そう。
途中でちょっと投げ出してみたり。
しばらく放置してみたり。
でもまた戻ってきて読み始める。



そして、物語が完結したら、じんわりとした感動が心に広がる。



また本読みたいなぁと思う。



「Sayuri」を読み終えてすぐ、また別の本が読みたいと思い、
アマゾンでいろいろ検索してこちらの本を注文しました。


How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseHow Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
(2008/09/02)
Michael Gates Gill

商品詳細を見る



小説、というか自伝的なものみたいなのですが
レビューを読んでみたところ何だかおもしろそう。
(ちなみに、決してスタバの宣伝本ではありませんよ。)
まだ届いてませんが、届くのが楽しみです。
次の抗がん剤投薬の時に読もう、と楽しみにしています。



抗がん剤治療なんてちっとも楽しくない。
だからこそ、自分で何か楽しみを作っていかなきゃ。



しんどいこともあるけれど
途中で投げ出さずに最後まで治療を終えたら
きっと何か見えてくるものがあるんじゃないか。



人生ってきっとそんなもの。
最後まであきらめちゃだめなんだ。







ランキングに参加しています。
応援いただけると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村




関連記事

Comment

Add your comment