Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

相手をリスペクトする 

ちょっとずつ治療にも慣れてきた気がします。
副作用にも、慣れてきたかなぁ。



3週間おきに点滴で投薬するんですが
今のところ2回の投薬が終わって
来週の月曜日が3回目。
4回終わったところで、薬を変えてさらに4回投薬。
約6ヶ月で終了となります。



その後はどうするのか、たぶん検査の結果などを見て
治療方針を決めていくことになると思います。



2回の投薬を終えて、いつごろどういう副作用が出るのかが
なんとなくわかってきました。



昨日の夜は38度くらいの熱がでてしんどかったんですが
初回の投薬後も同じくらいのタイミングで熱が出ました。
でも、朝になると下がるんですよね。
きっとこれが私のパターンなのかな。



病気のことも、治療のことも、副作用のことも
ようやく受け入れられるようになってきた気がします。



実は私これまで乳がんの宣告を3回受けています。
初めての時は27歳くらいで左胸に
それから35歳で今度は右胸
で、今回は局所再発ということです。



正直「なんで私ばっかり」って思いました。
「私そんなに悪いことしてないよね」って思いました。
何がいけないんだろうって思いました。



でも、そんな風に考えても答えはでないんですよね。
それに、自分ばかりが辛い目にあっていると考えると
なんだか卑屈になってしまいます。



だから、受け止めて、受け入れて、
自分なりに出来ることをしていくしかない。
これが私の人生なんだって受け入れて
その中で自分なりに生きていく。



自分を特別視しないということも大切。
病気だからって人より劣っているわけじゃないし
病気だからって人より偉いわけでもない。



それでも、「可哀想」という目で見られることがあります。
それはとっても嫌な感じです。



先日レッスンに通った際に受付の女の子に
「レッスン来れてますね。凄いです!偉いですね」
と言われました。
褒めてるつもりだったんでしょうが
ちっとも嬉しくありませんでした。



レッスンに通うだけでそんなに褒められるって何なの?
確かに薬の副作用とかあって休むこともあるし
しんどい中がんばって通うこともある。
でも、ただレッスンに通うというフツーのことで
自分よりも10歳も年下の女の子に
「凄いです!」って褒められるのは
なんだか逆に馬鹿にされてるような気持ちになりました。



でも、冷静に考えて、今の私の置かれている状況は
そういうものなのかもしれません。



他の人が当たり前に出来ることが私には出来なくて
フツーのことをしただけで「凄いですね」って褒められる
そんな状況なのかもしれません。



その日のレッスン後、正直とても複雑な気持ちになりました。
でも、きっとこれも学びなんだろうな。
これまで英語学習や仕事においてそれなりの成果を上げてきて
「凄いですね」と言われてきたのが
ただレッスンに出席するだけで「凄いですね」
と言われるんだから。



プライド高すぎるのかな、私。



そして、思ったこと。
病気や障害を持っていたり、
何らかのハンディキャップを持っている人に
接するとき、
たとえ相手が自分と同じだけのことが出来なくても
相手をひとりの人間としてリスペクトする。



人と接するときは、常に相手に敬意を持って接する。



教師として、生徒と接するときに心がけていたことですが
改めてそのことの大切さを実感しました。



そして思い出したのが、
母が入院中にお世話になった看護師さんの言葉。



「出来るだけ病人扱いせずに、普通に接するようにしています」



そういう気持ちが、大切。
確かに出来ないことはあるし、
助けてもらうことが必要なときもある。
でも、普通に接してもらいたい。



ちゃんとリスペクトされたいんです。



人ってみんなそう思ってるんじゃないかな。
先生と生徒
親と子供
医者と患者
介護する人とされる人。
どんな関係でも、リスペクトが必要。





関連記事

Comment

Name - クメゼミ塾長  

Title - あなたは あなたのままで

リスペクトされたい
Yoshikoさん
病気になられて 今は敏感になられているのだと思います

「百聞は一見にしかず」
「知識」だけなのと「原体験」したのとでは
段違い 雲泥の差ですね。

ご本人だけにしか分からない感情 心の震え

Yoshikoさん
あなたの納得出来る人生を歩んでくださいね

あなたは あなたのままで
エールを贈ります
2012.02.22 Wed 20:58
Edit | Reply |  

Name - Yoshiko  

Title - Re: あなたは あなたのままで

塾長さま

> 病気になられて 今は敏感になられているのだと思います

そうだと思います。
普段なら聞き流せる言葉に傷ついたりするのは
心が敏感になっているから。

被災地の方が、ボランティアに来られている方の
何気ない言葉に傷ついたという話を聞きました。

その気持ちが私にもよくわかります。

そして私もまた、同じように人を傷つけてきたのだと思います。

相手の気持ちを本当に理解できていないのに
理解できているような気になって
自分に相手を励ませると思って発した言葉は
浅くて、軽くて、どこか自己満足的でもあり
相手の心には届かない。

これも大切な学びですね。

応援、ありがとうございます。
つらい経験も無駄にせずに、未来の私につなげていきたいです。

2012.02.24 Fri 12:32
Edit | Reply |  

Add your comment