Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Take a look at this

Keep to the code

  05, 2012 12:06
久しぶりに映画が見たくなって
DVDを引っ張り出してきて見ていました。
私の一番のお気に入り映画。



パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション [DVD]パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション [DVD]
(2003/12/12)
ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム 他

商品詳細を見る




何度見てもいいです。
何度見ても楽しいです。
ワクワクします。



ジョニー・デップ最高です。



今回は英語字幕で見てみました。
字幕を追いながらリスニング。
そして所々で単語が字幕から抜けてることを発見。
字幕も間違ってることあるんだなぁ。
大きな違いではないんだけれど、例えば、
put a black mark と言うところで
字幕ではただput a markとなっていたり。



put a mark だと「印をつける」の意味ですが
ここにblackが入ると「汚点をつける」となります。



そんな風に、英語チェックしながら映画を見てると
本当にいろいろ勉強になります。



もちろん全部聞き取れるわけではありませんが
全部聞き取れなくて当然。
わかるところを聞きながら英語学習。
完璧求めると、ストレスたまって勉強なんて楽しくなくなります。
ゆる~い感じで楽しんでするのが一番です。
それでも確実に力はついていきますから。



この映画、好きなシーンがいっぱいあって、
好きな台詞もいっぱいあります。
あ、ここでこんな風に言うんだっ
っていう英語表現もたくさんあります。



ちょっと古い時代のイギリス英語なので
普段使いにはイマイチなものも多いのですが
それでもスタンダードな表現として使えるものもたくさんあります。



今日はその中からひとつ気に入ったものをご紹介。



海賊たちがことあるごとに使う表現。
Keep to the code.「掟に従え。」



法律を破るのが海賊なのですが
その海賊たちにも海賊の掟があるのです。
そして、何か問題が生じてさてどうしようかという時に
Keep to the code. と言います。



code は「掟」のこと。
keep to は「法律や命令などに従う」こと。



この海賊の掟に従って、
ジャック船長は置いてけぼりにされたりするんですが
someone falls behind 「遅れをとる者」は、
放って行くのが海賊の掟なのです。



でも、最後の最後で、やっぱり助けに来ちゃったりします。
それは掟を破ってのことなのか、というとそういう訳でもなく。
これもまた何度か出てくる表現。
海賊の code と言うのは rule というよりも
They're more like guidelines. 「ガイドラインのようなもの。」
なので、いざとなれば破ってOKなのです。



そんな海賊たちのお話。
超ヒット作なので見た人多いと思いますが
実はまだ、という人、Don't miss it!!!



あぁ、映画で英語学習って楽しいなぁ♪
また思いついたら書きま~す。




FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村






関連記事
  •   05, 2012 12:06
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Wed
2012.03.07
20:05

6年後に先生を超える男  

自分のおすすめDVD

今の自分のおすすめは、『ザ・シークレット』です。本じゃなくてDVDの方。さらに字幕よりは吹替の方がわかりやすいかな(^^)

2012/03/07 (Wed) 20:05 | REPLY |   
Thu
2012.03.08
10:49

Yoshiko  

Re: 自分のおすすめDVD

6年後の先生を超える男 さん

お勧めありがとうございます!
それ知ってますよ~。

「シークレット」って励まされる時と凹まされる時とがあるんですよね。
引き寄せられるものと、そうでないものとがある、って割り切って、
引き寄せられるものは引き寄せていけたらいいな、と思います。

PS.6年たっても超えさせないですよ。

2012/03/08 (Thu) 10:49 | REPLY |   

Post a comment