Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Cheap Trick 「甘い罠」 

最近古い洋楽ロックをよく聞いています。
私が高校生くらいの時によく聞いていた音楽。
ふる~いカセットテープを取り出してきて聴いているのですが
当時好きだった曲は今聞いてもやっぱりいいなぁと思います。



年とともに音楽の好みも変わってきたりするのですが、
それでも変わらないものは変わらないものですね。



昨日は久しぶりにCheap Trickを聴きました。
あぁ、この曲好きだったよなぁ。




高校生の頃は、洋楽の歌詞でいろんな構文や単語を覚えたものです。
英語のリスニングも洋楽で鍛えられた気がします。



この曲の♪Didn't I, didn't I, didn't I see you crying? ♪
のメロディーが私は大好きなんですが
学校でカタカナ英語にしか触れていないと
このDidn't I は絶対に聞き取れないんですよね。
ディドゥントアイ じゃなくって ディンナイ て感じの発音。



こうやって生の英語発音に触れていたんだよな、私。



ちなみに、構文もwant+人+to+動詞 で
「人に何かをして欲しい」って覚えられます。
I need you to, I'd love you to, I'm begging you to
どれも同じ形です。
英会話初心者の方は want to, need to は使えても
want 人 to, need 人 to は使えなかったりするので
覚えておくと便利な表現ですよね。



音源はたぶん武道館ライブから。

Cheap Trick at Budokan
チープ・トリック at 武道館チープ・トリック at 武道館
(2002/06/05)
チープ・トリック

商品詳細を見る




日本で大人気だった彼らもアメリカではあんまりパッとしなかった。
日本で発売されたこのアルバムが逆輸入の形でアメリカに渡り大ヒット。
そしてチープトリックと共に「武道館」の名前を世界に知らしめることに。
人生何があるかわからないものですよね。
その後色んなミュージシャンたちがBudokanに憧れ、
Live at Budokan というアルバムもたくさん発売されましたが
その原点はここにあり。



それにしてもこの曲の日本語タイトルが
「甘い罠」というのは何でなんでしょう?
邦題っておもしろいなぁ。
レコード会社の人がつけるのかしら?



さて次はどのミュージシャンを再発掘しようかな。
王道でエアロスミスとかいってみようか?




FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村



関連記事

Comment

Add your comment