Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

まだまだ読みたいっ

やっと熱下がりましたが、昨日は39℃まで熱が上がり、
結局今週の予定はすべてキャンセルしました。
あ~あ、がっかり。



でも、まぁあんまり無理してもダメだし、
休まなきゃいけない時はちゃんと休まなきゃね。



昨日はやたらと眠くて、
半日くらい布団の中で過ごしたんですが、
気持ちよ~く眠っていてはっと気付くとレッスンの15分前。
あわてて学校に連絡し「今日はお休みします」と
レッスンキャンセルしました。
間に合って良かった~。



熱のおかげと言っちゃ何ですが
久しぶりにまったりした一日を過ごしました。
たまにはいいですね、こういうのも。



昨年からずっと色んなことがあって
心の休まらない日々を送っていたんですが
昨日は何故かとても穏やかな気持ちで過ごせました。



あんまり焦らずに、あんまり心配せずに、
のんびりやっていけばいいか。
まぁ何とかなるさ。きっと。



今日は体調良かったのでアマゾンで注文した本の支払いしに
コンビニまで行って、スーパーで買い物してきました。
届くの楽しみだな。



注文した本は3冊。



TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉
(2009/08)
Educational Testing Service

商品詳細を見る



レッスンでは使ってたんですが、自分では持ってなかったので購入。
これでTOEIC対策しっかりしとこう。
もちろん自分の勉強だけでなく、生徒にTOEIC指導できるように。



それから次に読む小説としてこちらの2冊。


Great Expectations (Wordsworth Classics)Great Expectations (Wordsworth Classics)
(1997/09/01)
Charles Dickens

商品詳細を見る




A Christmas Memory (Tale Blazers)A Christmas Memory (Tale Blazers)
(1990/09)
Truman Capote

商品詳細を見る




このありえないような安さは何なんでしょうか。
本屋で買うと洋書ってめちゃくちゃ高いんですが。



ちなみにこの2冊のチョイス。
何となく正統派の文学作品が読みたくて選んでみました。
カポーティの『クリスマスの思い出』は以前日本語で読んだ気が。
あったかい気持ちにさせてくれる素敵なお話。
『誕生日の子供たち Children on their Birthday』とどちらにするか
迷った結果なんとなくこちらに。
かなり季節はずれですが、まぁいっか。



カポーティと言えば有名なのはこちらの小説。



Breakfast at Tiffany's (Penguin Modern Classics)Breakfast at Tiffany's (Penguin Modern Classics)
(2000/04/27)
Truman Capote

商品詳細を見る




カポーティの作品ってあまり読んだことはないんですが
私の中ではとにかく美しい文章を書く人というイメージです。



今読んでるこちらの本の中で

How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseHow Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
(2008/09/02)
Michael Gates Gill

商品詳細を見る


カポーティの名前が出て、なぜか無性に読みたくなってしまいました。
でも『Christmas Memory』ってかなり短い話なのですぐに読み終わってしまいそう。
なにか他にももう一冊と思って探していたらたどり着いたのが
ディケンズの『大いなる遺産 Great Expectations』。
確かこの小説映画にもなってたような・・・。
こちらの方が読み応えありそうなのでまずはこちらから読んでみようかな。
読み終わるころにはちょうどクリスマスシーズンになってるかもしれないし。



でも、こうやって読みたい本がどんどん出てくるのは楽しいですね。
本を読んでいると、それに関連してまた別の本に出会って
そこからまた別の本に出会って、そこからまた・・・。
そうやって広がっていくのが楽しいです。



あぁ、私まだまだ死ねないよ~って思います。
それが私の元気の元になるのかも。



勉強って本当に終わりがないですね。
きっと私は死ぬまで勉強してるだろうなぁ。
っていうか死ぬまで勉強してたいなぁ。
あぁ次はあともう一冊あの本が読みたかったのにぃ~
って言いながら死んでいくのが幸せなのかもしれない。



その本は私の棺に入れてもらおう。



でも、まだまだ先の話だけどねっ!!!





FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村





関連記事

Comments

Post A Comment

What's New?