Farewell and Welcome

うちの学校の外国人講師のFarewell Partyに行ってきました。
とっても良いパーティーでした。


お別れするのは寂しいけれど
また新しい出会いもあります。
新しく来る先生もなんだか良い人そうです。


久しぶりにお会いする生徒さんもたくさんいて
「先生いつ戻ってくるんですか~?」ときかれました。
「年内には戻りたいんですけどね~」


最近仕事してないし病気治療中というのもあって
なんだかすぐにテンションが上がらない。
「先生なんかキャラ変わりました?」なんて言われちゃいました。


「私どんなキャラだったの?」ときいたら
「う~ん、ちょっと厚かましい系」。


普段は、ほんとは大人しいんです!


でも、話しているうちにちょっとずつテンション上がってきました。
やっぱり外に出て人と会うのは大切ですね。


仕事で人と会うときと、仕事以外で人と会うときと
性格がちょっと変わる気がします。
いや、会う相手によって変わるのかな。


放っておくとどんどん内気になりそうなので
やっぱり「先生」としての自分も必要なのかな。
そうすることで元気になれるのかもしれません。


役割を演じるということが、人には必要なのかもしれませんね。


うじうじ悩んでないで、さっさと先生に戻った方がいいのかも。
そのほうが元気になるかもしれない。


仕事始めたら、大変なこともあるけれど、
その分いいこともあるからね。


何もしなければ、何も起こらない。
悪いことも起こらないけど、いいことも起こらない。


だったらやっぱり動いた方がいいよね。


あ、ちなみに先日書いた色紙。
ちゃんとお渡し出来ました。
とっても喜んで下さいました。


「一期一会」


出会いは大切ですね。
別れもあるから寂しいけれど、
別れの後にはまた出会いがあるし。


先生の仕事っていうのはきっと教えることだけではない。
英語を教えて上達してもらうっていうのが仕事なんだけど
「この先生に出会えて良かったな」って思ってもらえることが
もしかして一番大事なのかもしれない。


人は何のために生きているのか。
何かを手に入れたり、何かを達成するために生きてるのか。


私にとっては「出会い」が一番大事なのかも。
「この先生に出会えてTOEICで○○点取れました」っていうことより
「この人に出会えた」ということが大事なんじゃないかな。


病気の治療していても感じること。
健康になることも大事だけれど、それが全てではなくて、
そのプロセスの中でどんな出会いが出来るかが大切なんじゃないか。


結果は大事。
でも結果だけじゃなくてひとひとつの出会いを大切に出来たら
そのほうが豊かな毎日を送れるかもしれない。


それでもつい、結果にこだわって、イライラしたりピリピリしたり。
そういうこともある。結果が出るに越したことはないから。
でも、そこにこだわって、今という時間を楽しめないとしたら
なんだかもったいない気もする。


生きてる時間は限られてるんだもの。
心豊かに生きたい。





関連記事
テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

コメント

  • 2012/05/22 (Tue) 01:47

    そうそう、TOEICの結果よりも思い出の方が大事ですよね。そう言ってもらえると救われます?

    これからもまた、良い出会いがあることを期待して、がんばりまっしょ。(←このフレーズとてもお気に入りです)

    • 9年後に先生を越えられたらいい男 #-
    • URL
    • 編集
  • 2012/05/22 (Tue) 15:15
    Re: タイトルなし

    なんか、ハンドルネームがだんだん弱気になっていってますね・・・。

    TOEICの結果も大事。でもどっちかって言うと思い出のほうが大事。
    出来ればどっちも欲しいなっていうのは、欲張りですかね。

    一期一会を大切にして、いろんなことがんばりまっしょ^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する