Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。留学経験なしでどこまで英語力を上げられるか、よりナチュラルな英語を目指して今も修行中。

when the children cry 

最近はYou Tubeで古いロックミュージックの動画を見てたりします。
英語を勉強するきっかけになったのが洋楽ロックだったから
やっぱり私の原点はそこにあるのかなぁと思います。


ハードロックが大好きで、好きなバンドが来日してはライブに行き、
おっかけしてました。
サインもらったり、いっしょに写真撮ってもらったり。
あの頃が一番青春してたんじゃない私って思います。


いろんな口語表現や構文なんかを歌詞で覚えたよなぁ。


いろんな人たちから「ハードロック聴く人には見えない」
とよく言われましたが・・・。


私のブログを見に来てくれている方の多くは
「ハードロックはちょっと・・・」と思われそうですが
バラードなので、1曲ちょっと紹介してみます。


しっとりしたアコースティックバラードなので
ハードなのがダメな人もきっと聴けるはず。
ラブソングではないです。
一部だけ歌詞を紹介しますので、
そういうイメージで聴いてみて下さい。
何か伝わってくるかもしれません。


little child
dry your crying eyes
how can I explain
the fear you feel inside
cause you were born
into this evil world
where man is killing man
and no one knows just why
what we have become
just look what we have done
all that we destroyed
you must build again

when the children cry
let them know we tried
cause when the children sing
then the new world begins

坊や もう泣かないで
どう説明すればいいのか
君が感じている恐怖を
この恐ろしい世界に
君は生まれてきたんだ
人が人を殺す 何故なのかはわからない
そんな世界に
僕たちがどうなったか
何をやらかしたか
見てごらん
僕たちが壊したものみんな
君が作り直さなきゃいけない


子供たちが泣くなら
伝えよう 僕たちも努力したんだって
子供たちが歌えば
新しい世界が始まるから
(translated by Yoshiko)






子供たちと一緒に私たちも歌おう。
子供たちが歌えるように私たちも歌おう。
新しい世界が始まるように。





関連記事

Comment

Add your comment