Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

American Streamline 

だいぶ回復してきたので活動開始です。
今日は部屋の片付け。
たくさんある文庫本をずらーっと並べて仕分けしました。
捨てる本。残す本。


なんだかすっきりしました。
たまに片付けすると良いですね。
良い本を再発見したりするし。


たくさんあるCDもちょっとずつ整理していってます。
もう聴かないな、というものと
久しぶりに聴くとやっぱりいいな、と思うもの。


CD整理してたら英語教材CDが出てきました。
捨てようかなぁと思って試しに聴いてみたら
けっこうおもしろかった。
こちらのテキストです。


Connections: An Intensive American English Series for Intermediate Students (New American Streamline)Connections: An Intensive American English Series for Intermediate Students (New American Streamline)
(1995/03/23)
Bernard Hartley、Peter Viney 他

商品詳細を見る



CDしかなくて、テキストはないんですが、
ここ数日家事などしながら聞き流してます。
タイトルの通り、アメリカ英語です。
空港や病院、Radio Show、カップルの会話etc...
アメリカの日常で使われそうな表現がいっぱい。


アメリカで暮らしたことのない私には
ちょっとアメリカ擬似体験って感じでおもしろいです。


たまにはこういうのもいいなぁ。
そう言えば、英語勉強し始めた頃には
どっぷりアメリカ英語だったことを思い出しました。
アメリカンロックを聞いて、アメリカンライフに憧れ。


大学の発音クラスでもアメリカ英語だったから
しばらく私の英語はアメリカンアクセントでした(はず)。


知り合った外国人に「君はジャパニーズ?アメリカンかと思った」
と言われたことがあり、喜んだ記憶があります。
発音クラスではかなり苦労したから、
努力が報われた~と嬉しかったのです。
しかも、アメリカ人に「アメリカンかと思った」と言われたので、
なんだか認められたような気がして嬉しかった。


それが、いつの頃からか「イギリスに住んでた?」
なんて言われるようになり
「どっちかって言うとブリティッシュっぽい」
と言われるようになり・・・。


今はどうなんだろうか、私の英語。
無国籍になってるのかなぁ。
今度誰かに聞いてみよう。
ジャパニーズアクセントではないはずですが・・・。


捨てようと思ったCDですが、
捨てずにもうちょっと聞いておこう。
これ聞いてたら、またアメリカンアクセントになるかも。
なんにしろ、影響受けやすいんですよね。


日本で英語勉強してると、そうなるのかなぁ。




関連記事

Comment

Add your comment