Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

英検準1級の単語 

英検Pass単熟語準1級 (旺文社英検書)英検Pass単熟語準1級 (旺文社英検書)
(2008/03)
旺文社

商品詳細を見る



ずいぶん昔に買った英検の単語帳を見直してみました。
かなり懐かしいです。
けっこう単語忘れてます。
でもけっこう覚えてるとこもあります。
(ちなみに私が持ってるのは↑よりもっと古い版のです)


そういえば、英検準1級の対策クラスを教えてたことがあったなぁ
と単語帳を見ながら思い出しました。
6・7年位前のことでしょうか。
遠い昔のことのようです。
この本使って毎週単語テストやってたことを覚えています。


私自身は大学生の頃に準1級を取得しました。
当時もやっぱり語彙問題が苦手で
他のセクションで点数を稼いでなんとかパスした記憶があります。


英検1級目指すのに、なぜ準1級の単語を勉強するかっていうと、
1級の単語が難しすぎるから・・・。
っていうのもありますが、1級も準1級もけっこう内容かぶってるので
この方がストレス少なく勉強できそうですし。
それに手元にあるのが準1級の単語帳なので
あるもの有効活用しようと思って。


でも、正直言って単語帳だけでは単語って覚えられない。
単語だけ取り出して、日本語訳を一つか二つつけて、例文を一つ。
それでは記憶に残らないし、単語の用法も理解できない。


なので、やっぱり普段たくさん英語に触れておくこと。
それで、単語帳見たときに「この単語○○の本に出てきたなぁ」とか
逆に洋書とか読んでて「そういえば単語帳に出てた」とか
そういう経験をいっぱい積み重ねて初めて身に付くと思います。


テスト対策としては、「この単語はこの意味」という風に
頭で暗記するのもアリなんでしょうが
そうすると応用が利かなくなるし使えない。
本当にちゃんと使えるようにするには
頭で覚えるだけじゃなくてもっと感覚をつかんで
身につけていくことが必要になってきます。
でも、時間かかるんですけどね~。


ちなみに英単語を見ながら何度か思ったこと。
わかるんだけど、日本語が出てこない!


日本語の語彙力もけっこうない私です・・・。


通訳や翻訳を生業とされている方々は
日本語の世界と英語の世界を自由に行き来し
二つの言語の橋渡しをされるんですよね。
英語が出来る、日本語が出来る、という以上に
そのふたつをつなげることが出来る、というのは
すごい能力だなぁと改めて思いました。


ちなみに英語教師に求められる能力とは
英語が出来る、というだけでなく
「それを説明出来る」ということだと思っています。
それに加えて学習方法のアドバイスが出来る。


ひとことに英語を仕事にすると言っても
求められるスキルはそれぞれ違ってきます。
そこを追求して仕事をしていくと
仕事って本当に奥が深いし面白いですよね。


そして、英語学習も奥が深い。


語彙力アップがんばりま~す。



関連記事

Comment

Add your comment