Lady Green English Salon

英語講師LadyGreenのブログ。現在、翻訳スクール通学中。英語のことを中心に、色々と書き綴っています。

Practice makes perfect 

久しぶりにレッスンするということで
復帰前に本社で再研修を受けてきました。
新人の先生たちといっしょに並んで一からおさらい。
最後にデモレッスンがあるんですが
一応まじめに準備していきました。


全くの新人じゃないんだからここまで細かくやらなくても・・・
とちょっと思ったんですが、まぁいいわ。
やれと言うならやりますよ、ということで
レッスンプランちゃんと作成して
クラスルームイングリッシュも全部書き出す。
一応ちょっと練習もしておこうか、
ということで時間計って何度か練習。


で、デモレッスンに挑んだところ
トレーナーの先生に大絶賛されました。
「今までで一番良かったよ~!」って。


いやぁやっぱり褒められると嬉しいものですね。


プラン作成の時に、生徒からこういう答えが出るのではないか
と予想されうる答えも書き出すんですが
生徒役の方々から本当にその通りの答えが返ってきて
なんだかちょっと怖いくらいでした(笑)


長年教えていると、あんまり準備しなくても
そこそこにレッスンは出来ます。
経験値があるのでそれを頼りにレッスン出来ます。
でも、あえてしっかり準備してみました。
それが良かったみたいです。


新人の先生が一生懸命に準備して教えるレッスンと
ベテランの先生がちょっと手を抜いて教えるレッスンと
どっちのレッスンがいいんでしょうか?
まぁ、そう単純に比べられるものではないですが。


でも、慣れてくると努力しなくなりがち。
だってその方が楽だもの。
でもやっぱりちゃんと努力すれば良いものが出来る。


何だってそうですね。
英語学習だってそうです。
練習すれば上手になる。


でも、上手になったからって練習するのをやめるんじゃなく
上手になっても練習はし続ける。
そういうことがきっと大切。


改めてそういうことに気付かされました。


約半年の治療の間、
「もうレッスン出来ないんじゃないか」って
不安にも思いましたが、
こうしてまた仕事に戻れることになって
そしてまだ教師として進化していけることがわかって
とっても嬉しいです。


休んでいた半年間は無駄になっていないのかもしれない。


病気する前の自分には戻れないけれど
それでも尚、先生として、人として、
成長していけるのかもしれない。


そう思うとなんだか前向きな気持ちになれます。


努力をやめないって事が大切ですね。


これからまだまだ色々とあるでしょうが
病気とも上手にお付き合いしながら
充実した人生を生きていきたいものです。
悔いのないように!




関連記事

Comment

Name - Shira  

Title - 何かを拾う

こんにちは。

友人がプレゼンテーションの神様と呼ばれる人の話を聞きに行ったとき、ステージから下りて来て最初に尋ねられたことが
"Any feedback?"
だったそうです。

習うことが何かあるはず、と思うのが進歩の秘訣なのかもしれませんね。

以前に英語を教えに行ったとき、いろいろ苦心して準備して、出来具合はいまひとつだったなーと思ったときのほうが学習者の評価が高かったことがありました。
2012.08.28 Tue 21:51
Edit | Reply |  

Name - Yoshiko  

Title - Re: 何かを拾う

Shiraさん、こんにちは。

自分ではわからないことってありますものね。
人の意見を気にしてばかりいてもダメですが、
謙虚に耳を傾けることも必要ですね。

自分では上手く行ったと思っても結果は思わしくなかったり
逆にダメだと思ったのに良かったり。
TOEICの試験なんかでもそういうことありますが、
人間相手のことはなおさら予測がつかないですね。
2012.08.29 Wed 17:17
Edit | Reply |  

Add your comment