コーヒー派?紅茶派?

コーヒーも紅茶もどっちも好き、という方もいるでしょうが、
なんとなくコーヒー派の女性と紅茶派の女性に分かれている気もします。
ちなみに私は紅茶派です。
コーヒーはめったに飲みません。
嫌いというわけではないんですが、なぜか紅茶が落ち着きます。
たまに外食した時なんかにセットでついてくるドリンク。
ごくまれにコーヒーを頼むこともありますが
たいていは紅茶に落ち着きます。なんかほっとする。


紅茶派の私ですか、今年に入ってなぜかコーヒーギフトを頂くことが何度もあり
職場に持っていったり友人にあげたり。
私が飲むよりコーヒー好きな人に飲んでもらった方が良い気がして。


数日前にもまたコーヒーセットを頂き、
ちょうどコーヒー好きの友人に会う予定があったので
またあげてしまいました。


そして、ふと思いついて一緒にこちらもプレゼント。


How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseHow Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
(2008/09/02)
Michael Gates Gill

商品詳細を見る



読み終わった本、誰かにあげようと思ってたんですが
コーヒーといっしょにってなかなか粋じゃない?と思い
しかも英語できる人だし。


もらい手が決まって良かったわ^^


久しぶりに会った彼女に、いろいろ不安や悩みをぶちまけ
すっきりして帰ってきました。
そういう話を聞いてくれる友達ってほんとありがたいですね。


お互い仕事のこと恋愛のこと将来のこと
いろいろ語り合ってきました。


改めてこの先の人生設計ちゃんと考えなきゃなぁと思いました。
病気のこともあるので、それも考慮した上でどういう人生にしていくか。
ちゃんと考えよう。あんまり無茶はしないように。


私のことよく知ってくれている彼女が言うには
「あなたは限界超えて頑張りすぎるから。しかもやれば出来るもんだから
上の人もつい頼ってしまって、頼られるからまた頑張るでしょ」。


そうなんだよなぁ。
頑張っちゃうんだよな。
しかも周りの人と比べて「頑張りが足りないんじゃないか」
とか思ってしまったりするんでさらに性質が悪い。


仕事バリバリしてる女性とか、結婚して子供生んで子育てして
さらに仕事と子育て両立してる女性なんかを見てると
えらいなぁと本当に思うんです。


私に出来ないことをしている女性は尊敬します。


でも彼女に言わせると
「あなたが乗り越えてきたことに比べたら、
仕事の苦労なんて大したことじゃないよ」
とのこと。


そういう考え方も、ありますね。
結局苦労の大小なんて人と比べるものじゃない。
みんなそれぞれに一生懸命に生きてるってことやね。


私も私で私らしくやっていこうっと。



関連記事
テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する